【カヌー】東京オリンピックを目指す當銘孝仁選手(三条市スポーツ協会)が三条市長を表敬訪問

羽根田さんはシャネルで、僕はワークマン

東京オリンピックを目指すカヌー競技の日本代表、當銘孝仁(とうめたかのり・27)選手が10月9日、三条市役所を訪れ国定勇人市長を表敬訪問し、日本最高峰の日本カヌースプリント選手権大会での優勝を報告した。

當銘選手は沖縄県糸満市出身。三条市スポーツ協会所属。沖縄水産高校時代に始めたカヌースプリント・カナディアン競技でインターハイ、インカレ優勝。ジュニア、U23、A代表と各年代の日本代表として活躍。世界選手権やワールドカップにも出場。リオオリンピックでは出場まであと一歩と迫った。
日本最高峰となる日本カヌースプリント選手権大会では2016年・17年と連覇(C-1・1000m)。2020年9月の大会ではペア(C-2・1000m)で2位以下に15秒以上の差をつけて圧勝した。
現在、日本代表としてカナディアンペア(C-2)種目での東京オリンピック出場枠獲得を目指している。

當銘選手は午前9時15分に新潟県カヌー協会の柴田圭介副会長、三条市スポーツ協会の岩瀬晶伍事務局長とともに三条市役所を訪れた。

當銘選手は今朝開封したばかりの黒い日本代表の公式ウエアを着て、パドルを持参して、コロナ禍での状況や五輪に向けた決意などを話した。

9月の日本カヌースプリント選手権大会でC-2・1000mで優勝、C-1・500mは準優勝した結果については、中間試験として「(これまで)取り組んできたことを確認する場所」と目標はまだ先にあるとして、来年3月に延期となった五輪出場枠獲得のラアストチャンスとなるアジア選手権が「本番」だとした。

今年の3月はコンディションを落としていてアジア選手権が来年に延期となったことは「ラッキーだった」。東京オリンピックが延期になったことは「時間が増えた分、すごい有意義に使えている」と話すと市長は「いいねぇ、そうやってプラスに捉えるって、なかなか普通はできない」と応じると、「改めて来年に向けて力を蓄えてメダルを取れるように有効に使いたい」(當銘選手)と決意を語った。

カヌースラロームの羽根田卓也選手の話がでると市長は「羽根田さんも當銘さんもイケメンじゃん」と振ると、「僕はヒゲメン」、「羽根田さんは理想のスポーツ選手像。羽根田さんはシャネルで、僕はワークマン」(當銘選手)と返し、市長はほぼ最後の公務を當銘選手のワークマン発言で終えた。

表敬訪問後の取材対応で岩瀬さんは、東京オリンピックが延期となり「活動費が正直足りない」とし、三条市民からの支援を求めた。當銘選手は2月に中国と一緒に合宿をした時に、規模の違い、スタッフの多さ、設備の良さ、道具の差はないようだがその数、などが強いチームは整っていて「資金面の差は競技(結果)に直結する」と感じた。たとえば、海外遠征にいった時などに用意された食事を食べるのではなく、自分たちで手配したものを食べることが必要で、お金をそういうところにも使いたい、と話した。

明日・10日には「カヌースプリント日本代表・當銘孝仁選手を応援しよう! パドルスポーツフェスタ」が三条市大谷ダム・ひめさゆり湖で開催される。イベントではラフティングやレジャーカヌー、競技用カヌーのパドルスポーツが無料で体験できるほか、當銘選手と有志選手によるデモンストレーションレースが行われる。東京オリンピックが1年延期となったため不足している活動資金を応援してもらうために、支援Tシャツや支援募金、つなぐプロジェクト寄付金の受付をする応援コーナーも設け、人気のキッチンカーの出店もあるので下田郷の大自然の中で、パドルスポーツを楽しみながら、當銘選手の応援をして欲しいと大勢の参加を呼びかけている。
パドルスポーツフェスタちらし
ちらしのダウンロード↓

[三条つなぐプロジェクト]
三条市スポーツ協会では新型コロナウイルス感染拡大の影響で東京五輪が延期になり、當銘選手の活動資金が不足する事態に対応するため、三条市と相談をして「三条つなぐプロジェクト」で支援を募るプロジェクトを立ち上げている。
【410_三条スポーツ協会】 選手生命の危機!‶夢の大舞台出場″に向けて、地元アスリートを世界へと連れていこう(外部リンク)


Comments are closed