【少年野球】本大会の「沖縄」目指して熱戦 ヤクルトスワローズカップ燕予選会

第8回東京ヤクルトスワローズカップ少年野球交流大会

7月25日、第8回東京ヤクルトスワローズカップ少年野球交流大会燕市予選会(燕市教育委員会主催)がはじまり、本大会の「沖縄」目指して熱戦が繰り広げられた。

スワローズのキャンプ地の愛媛県松山市、沖縄県浦添市、宮崎県西都市と、2011年から「つばめ」の名前つながりで連携事業がスタートした新潟県燕市の4市で2013年より少年野球の交流大会を開催している。本大会は4市で持ち回りで開催、8回目となる今年は11月に沖縄県浦添市で開催予定。

燕市の予選会には市内の10チームが出場し、7月25日、26日、8月10日の3日間の日程でトーナメント戦で優勝を争う。優勝チームは本大会に燕市代表として出場する。予選会は手洗いや消毒の徹底、大声での応援は控えるなど感染症予防策を講じた上で実施する。
[出場チーム]▽吉田北小スピリッツ ▽南小スターズ ▽小中川バファローズ ▽小池野球スポーツ少年団 ▽燕スピリッツJr ▽燕西小野球スポーツ少年団 ▽燕南野球スポーツ少年団 ▽分水ジュニアベースボールクラブ ▽粟生津少年野球団 ▽吉小キッズ

25日は燕市吉田野球場第二球場で2試合が行われ、小中川と粟生津が2回戦に進んだ。26日は吉田野球場で4試合が行われる。

25日の結果

25日の結果は以下の通り。
第①試合|5回時間切れ

チーム名 1 2 3 4 5 6 7
小中川バファローズ 1 4 5 0 0 10
南小スターズ 0 0 0 2 3 5

第②試合|5回時間切れ

チーム名 1 2 3 4 5 6 7
分水ジュニアBC 5 0 1 2 1 9
粟生津少年野球団 4 2 4 0 × 10

ヤクルトスワローズカップ燕市予選会の様子

2020年7月25日(燕市吉田野球場)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒


Comments are closed