【バドミントン】新型ウイルス感染予防のため協会杯大会は中止

令和2年度協会杯争奪バドミントン大会

三条バドミントン協会(山本志会長)では新型ウイルス感染予防のため7月19日に予定していた令和2年度協会杯争奪バドミントン大会を中止する。

大会は三条市体育文化会館で予定していたが、三条市が感染予防を図るため定めている「新型コロナウイルス感染症に係る施設利用及びイベント等実施方針(暫定版)」に従い中止を決めた。

2018年、19年は会場の都合で混合ダブルス種目だけを協会杯混合大会として協会杯大会とは別に開催していた。今年は3年ぶりに「体文」で統一して開催する予定だった。昨年の協会杯大会にはシングルスに153人、ダブルスに107組・214人が、協会杯混合大会には29組58人が出場した。

Comments are closed