【新型コロナウイルス】屋内スポーツ施設2ヶ月ぶりに開館 燕市

トレーニングルームは6月19日再開予定

新潟県の燕市教育委員会は緊急事態宣言延長を巡る国や県の方針を受けて臨時休館していた屋内スポーツ施設を6月1日、開館した。トレーニングルームの利用は6月19日に再開する予定。

4月3日に市内で新型コロナウイルス感染者が確認され市内全スポーツ施設を臨時休館。その後、緊急事態宣言が発令され国や県の方針を受けて休館を継続してきたが、新潟県の自粛要請見直しを受けて5月11日から屋外スポーツ施設が開館したのに続き6月1日、3つの密(密閉・密集・密接)の回避、マスクなどの感染防止対策の徹底、利用者名簿の提出を条件に屋内スポーツ施設と屋外スポーツ施設の管理棟を開館した。一部首都圏・北海道の人の利用は6月18日まで許可しない。

利用時には「発熱、せき、のどの痛みなど体調不良の人は利用を控える」「チェックリスト・利用者名簿の提出」「施設利用は1団体1日1回、2時間以内」「成人の利用責任者がいない場合は小・中・高校生の利用はできない」「ボール、ラケットを持参」「2m距離をあけ、接触を伴うプレーや試合は避ける」「ラケットスポーツはダブルスの練習は避ける」「シャワー室は使えない」「更衣室の利用はできるだけ控える」などの注意点がある。

トレーニングルーム、吉田トレーニングセンター(ビジョンよしだ)、燕市B&G海洋センター、学校開放(屋内・屋外)は、利用定員・時間を設けたうえで、6月19日から再開する予定。

特別定額給付金臨時相談窓口会場になっていた燕市体育センターアリーナは6月2日から、卓球ホール、ランニングトラックは6月9日から利用できる。

施設別利用人数制限一覧
施設名 利用箇所 人数 備考
燕市体育センター アリーナ全面 50人以下 半面の場合は25人以下
ミーティングルーム 15人以下
ランニングトラック 現在開放なし 6月19日開放予定
トレーニングルーム 現在開放なし 6月19日開放予定
市民武道館 柔道場 20人以下 半面の場合は10人以下
剣道場 20人以下 半面の場合は10人以下
弓道場 10人以下
打ち合わせ室 10人以下
市民研修館 中アリーナ全面 40人以下 半面の場合は20人以下
研修室1〜5 現在開放なし
燕勤労者体育センター アリーナ全面 40人以下 半面の場合は20人以下
談話室 開放なし

Comments are closed