【陸上】日本記録に挑戦しよう! 三条リレーマラソン挑戦者募集!

第6回三条リレーマラソン大会

ハーフマラソンの日本記録にチームで挑戦するリレーマラソン大会が7月26日に開催される。主催する三条市陸上競技協会(藤田五郎会長)では多くの参加を呼びかけている。

大会は2015年に三条・燕総合グラウンドがラバー仕様の全天候型となったのを記念して始まったもので今年が6回目の開催。ハーフマラソンの21.0975kmを4〜10人のチームで走り、小椋裕介選手(ヤクルト)が今年2月に出した日本記録、1時間00分00秒に挑戦する。

三条リレーマラソンポスター当日は暑さ対策のため夕方5時にスタートし、三条・燕総合グラウンド陸上競技場のトラックを周回する。一人が400m(1周)以上走り、何回でもリレーができる。時間内に52周プラス297.5m以上走ることができれば挑戦は成功。昨年の大会では日本記録を突破した。

小学生以上ならだれでも参加でき、男女混合チームもOK。3名以下での申し込みもでき、その場合は主催者で4名以上になるようにチーム編成をする。スパイクの使用、素足での参加は禁止。他のランナーの迷惑にならないものなら仮装もOK。
参加料は中学生以上1名500円、小学生1名300円でスポーツ保険料を含む。
希望者は、専用の申し込み用紙に必要事項を記入し同協会事務局長の小柳敏夫さんまでメールまたはFAXで申し込む。
申し込み締め切りは7月10日必着。
問い合わせは、大会実行委員長の捧勲さん、または、同協会理事長の若林義和さんまで。
(連絡先は要項に記載)
三条リレーマラソン要項
要項・申込書のダウンロード↓

Comments are closed