【新型コロナウイルス】屋外スポーツ施設は5月11日から開館 燕市

屋内スポーツ施設は5月31日まで休館延長

新潟県の燕市教育委員会は緊急事態宣言延長を巡る国や県の方針を受けて、臨時休館していた市内全スポーツ施設のうち屋外施設について5月11日から開館する。屋内施設は5月31日まで休館を延長する。

鈴木力燕市長は新型コロナウイルス感染症「緊急事態宣言」期間延長に係るメッセージをウエブサイトで発表し、国が緊急事態宣言の期間を延長、新潟県は県民への自粛要請の見直し等について発表したことを受け5月11日から段階的に公共施設や小中学校を再開するとし、この措置は「新しい生活様式」で市民生活と経済活動を両立させていくためで、3つの密(密閉・密集・密接)を避けるなど感染防止に取り組むことを求めた。

公共施設の対応については、県の休業要請対象となっている施設は5月31日まで閉館を継続し、対象外の施設は徹底した感染防止対策を講じた上で5月11日から段階的に開館する。

屋外スポーツ施設は5月11日から開館するが、管理棟の利用はできない。施設利用にあたっては、(1)利用者は燕市民に限る、(2)3密の回避(密閉、密集、密接)、(3)マスクの着用、(4)同時に施設利用できる人数は最大50人まで、(5)利用者名簿の提出が条件となる。

屋内スポーツ施設、学校開放(屋内・屋外)は5月31日まで休館し、状況によっては延長する場合がある。

スポーツ施設の開館・休館状況(2020年5月11日〜5月31日)
屋外施設 5月11日から開館
【該当施設】
スポーツパーク、つばくろ運動広場、小中川地区コミュニティーセンターソフトボール場、スポーツランド燕(野球場、多目的競技場、多目的広場)、吉田テニスコート、吉田第1野球場・第2野球場、吉田総合グラウンド、吉田屋外ゲートボール場、分水テニスコート、サンスポーツランド分水、三条・燕総合グラウンド
(管理棟は5月31日まで利用休止)
屋内施設 5月31日まで休館
【該当施設】
燕市体育センター、燕勤労者体育センター、B&G海洋センター、燕北多目的武道場、スポーツランド燕(体育館、屋内練習場)、吉田総合体育館、吉田武道館、吉田屋内ゲートボール場、米納津屋内ゲートボール場、粟生津屋内ゲートボール場、吉田トレーニングセンター(ビジョンよしだ)、分水総合体育館、分水多目的屋内運動場1号棟・2号棟、ジムナスト分水、国上勤労者体育センター、四箇村ふれあい館
学校体育施設一般開放(体育館、グラウンド)

Comments are closed