【カヌー】ジャパンカップ第1戦・こしひかりカップ中止

2020カヌーワイルドウォータージャパンカップ第1戦

2020こしひかりカップ

新潟県三条市の五十嵐川で日本代表など国内のカヌートップ選手が参加して行われる2020カヌーワイルドウォータージャパンカップ第1戦が新型コロナウイルスの影響で中止となった。

日本カヌー連盟などが主催の2020カヌーワイルドウォータージャパンカップ(JC)第1戦は4月12日、三条市を流れる五十嵐川の白鳥の郷公苑から花江大橋までの約2.8kmに特設カヌーワイルドウォーターコースを設定し開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大懸念のため中止することとした。

ジャパンカップは日本カヌー連盟の公式戦。全国から男女ナショルチーム指定選手や国体優勝者も出場する大会で、2020年は全国で5戦を実施しランキングを決める。JC第1戦には岩手から和歌山までの男女15人がエントリーし、地元、三条市スポーツ協会からはナショルチームB指定の岩瀬晶伍選手が出場する予定だった。

JC第1戦終了後に行う予定だった2020こしひかりカップも中止になった。こしひかりカップはカヌーの育成・普及を目的に7年前に始まった大会。

Comments are closed