【新型コロナウイルス】体育文化会館、栄体育館などの休館を3月19日まで延長 三条市

りんぐる、健康運動教室なども休講

新潟県の三条市では新型コロナウイルス感染予防に係る対応として、33施設の休館期間を3月19日まで延長した。

3月3日から3月15日まで公共施設の休館または一部利用を休止していたが、政府がイベント自粛要請期間を延長したことを踏まえ休館等の期間を3月19日まで延長した。

休館中のスポーツ施設は体育文化会館、市民プール、栄体育館、大面体育館、下田体育館、ウェルネスしただ、市民球場(三条パール金属スタジアム)、グリーンスポーツセンターの8施設。
そのほか図書館など文化・社会教育施設が9施設、リージョンセンターなど地域コミュニティ施設が6施設、しらさぎ荘など産業・観光系施設が10施設の計33施設。
青少年育成センターなど5施設は一部利用を中止する。

三条市が主催するさんちゃん健康体操、健康運動教室、総合型地域スポーツクラブりんぐるの教室・プログラム、冬季水泳・水中運動教室、障がい者水泳・水中運動教室は3月19日まで休講。
小中学校の体育館を利用する学校開放、嵐南小学校・第一中学校の体育館ギャラリーでのランニング走路開放は3月19日まで利用中止を延長する。
三条・燕総合グラウンドの利用中止期間も3月19日まで延長する。

休館する施設、一部利用を中止する施設は以下の通り。(令和2年3月9日午後5時時点)
休館または一部利用を中止する三条市の施設
閉館する施設、一部利用を中止する施設のダウンロード↓


Comments are closed