【スポーツ表彰】小中高校生の優秀競技者を表彰 三条市スポーツ協会

2019年度小・中・高校生優秀競技者表彰式

一般社団法人三条市スポーツ協会(野崎勝康会長)では1月13日午前9時半から三条市栄体育館で2019年度小・中・高校生優秀競技者表彰式を行い109個人団体の栄誉をたたえた。

三条市スポーツ協会では毎年新春に全国大会などで活躍した三条市内の小・中学生、高校生の栄誉をたたえている。
野崎会長は、オリンピック・パラリンピックがもうすぐ開催されるとして「次のステップに向けて精進、努力して大きな目標を目指していただきたい」と挨拶を述べた。

表彰式では、世界選手権に出場した「スポーツ栄誉賞」2人、全国大会で優勝の「最優秀特別スポーツ選手賞」7個人団体、全国大会で入賞の「最優秀スポーツ選手賞」12人、全国大会出場や県大会で優勝の「優秀スポーツ選手賞」40個人団体、県大会3位以上、ブロック大会に出場の「奨励スポーツ選手賞」48個人団体の計109個人団体を表彰し、野崎会長から表彰状を手渡した。

スポーツ栄誉賞では侍ジャパン女子日本代表(U18マドンナジャパン)のメンバーとして昨年11月に中国・広東省で開催された第2回BFA女子野球アジアカップに出場、優勝した関桃子さん(作新学院高3年)と相田千陽さん(ちはる・福井工大附属福井高2年)が表彰されたが、学校の関係で欠席だった。

小・中・高校生優秀競技者

表彰された2019年度小・中・高校生優秀競技者は以下の通り。
2019年度小・中・高校生優秀競技者名簿
2019年度小・中・高校生優秀競技者名簿のダウンロード↓

表彰式後にスポーツ交歓会を行い、加盟団体がバウンドテニスを楽しんで交流、午後1時半頃いったん解散。
午後5時からジオ・ワールドビップで「スポーツでまちづくり」をテーマに新潟医療福祉大学講師武田丈太郎氏による新春スポーツ講演会を聞き、続いて新年祝賀会を行う。

表彰式の様子

2020年1月13日(三条市栄体育館)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒


Comments are closed