【サッカー】全日本U-12サッカー大会グループリーグ始まる

JFA第43回全日本U-12サッカー選手権大会新潟県大会

小学生サッカーの甲子園と呼ばれるJFA第43回全日本U-12サッカー選手権大会の出場権をかけた新潟県大会が10月5日から始まる。県内の135チームが参加して新潟県代表を決める戦いが始まる。

大会はこれまで全日本少年サッカー大会の名称で実施してきたが、一昨年11月に発表されたJFAブランディングの一環として改称された。
県大会グループリーグ(GL)は10月5日・6日に、新潟聖篭スポーツセンターなど4会場で行われ、119チームが出場。3または5チームずつ39組に分かれて戦い、各組1位が決勝トーナメントに進む。
春から行われてきたリーグ戦の結果によるシード16チームは、10月19日から行われる決勝トーナメントから出場する。
優勝チームには決勝大会(全国大会、12月25日〜29日、鹿児島県鹿児島市)への出場権が与えられる。

県央地区の出場チーム

県央地区からは17チームが出場する。
[シード(中越地区)チーム] ▽Noedegrati Sanjo FC
[GLから出場するチーム]
▽吉田サッカークラブ ▽レアル加茂FCスポーツ少年団 ▽FC,ACTIS ▽分水FCjr ▽三条サッカースポーツ少年団 ▽加茂フットボールクラブジュニア ▽グランディールFC三条 ▽栄サザンクロス ▽新潟ナポリFC三条Jr ▽吉田サッカークラブU-12 ▽Jドリーム三条 ▽エストレヤ下田 ▽見附FC U-12 ▽エルファー燕ジュニア ▽FC今町 ▽FC弥彦jr

グループリーグ組み合わせ表のダウンロード↓

大会日程表のダウンロード↓

Comments are closed