【テニス】テニスと触れ合う一日「テニスの日」

9月23日は「テニスの日」

「テニスの日」の9月23日、新潟県三条市でもテニス祭りのイベントが行われ、親子や家族連れ、テニス愛好家などがテニスを楽しんだ。

「テニスの日」は日本テニス協会などがテニスの普及、発展を推進するために9月23日「秋分の日」を「テニスの日」と定め、全国で様々なイベントを行っているもの。三条市テニス協会(佐藤隆司会長)でも毎年イベントを開催、今年で6回目となる。

23日は大型の台風17号が日本海を通過、新潟県に近づく中で天候が心配されたが、会場の三条・燕総合グラウンドテニスコートでは雨も降らず、それほど強い風も吹かずイベントは予定どおり行われた。

キッズと一般クラスに分かれて行ったテニスレッスンは、りんぐるなどでテニス指導を行っている協会の指導者が優しく指導。キッズクラスは柔らかいスポンジボールや空気圧を少し減らしたレッドボールと一般のものより小さいラケットを使って、コーチが投げたボールをワンバウンドで素手でキャッチして相手コートに投げ返したり、ラケットで打ち返したりなどの練習を行った。初めての子供達もだんだんとラケットにボールがうまく当たるようになり、笑顔で楽しんでいた。

豪華景品がもらえる的当てゲームやストラックアウトゲームにはレッスンが終わった参加者たちが順番待ちの列を作り、人気景品のメロンやシャインマスカットを目指してチャレンジしていた。
スピードガンでサーブの初速を測る「スピードガンコンテスト」、全国の会場で行う共通イベント「百万人ボレーボレー」、ゲーム体験、テニス用品のフリーマーケットやテニスクイズなど、テニスと触れ合いの一日だった。

「テニスの日」テニス祭りの様子

2019年9月23日(三条・燕総合グラウンド)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒

Comments are closed