【銃剣道】日本一だらけの市民総体

令和元年度市民総合体育祭銃剣道競技

三条市と(一社)三条市スポーツ協会では9月14日午後7時から、三条商業高校武道場において令和元年度市民総合体育祭銃剣道競技を行い、中学生以上の部で高橋凌平選手(本成寺中3年)が優勝した。

大会には元気道場(滝沢元気代表)の小・中学生15人が出場し、小学生基本の部、小学生高学年の部、中学生以上の部でリーグ戦、トーナメント戦で優勝を争った。小学生基本の部は用具を装着しない基本動作の形を審査、小学生高学年の部と中学生以上の部は用具を装着した試合形式を行った。

開会式で滝沢代表は「小学生の子たちは全日本大会で上位を占めている。ある意味ここが日本一を決める所だ」と話した。
元気道場では、日本武道館で行われる日本一を決める大会「全日本少年少女武道(銃剣道)錬成大会」に毎年出場していて、今年は5部門で日本一となったほか、多くの選手が2位・3位となった。市民総体出場15人の内11人は、ここ3年間で個人・団体戦で日本一となっている選手たちという豪華な市民総体となった。

大会結果

小学生高学年の部では、日本武道館での決勝と同じ小池健太選手と長岡希空選手の対戦も行われ、長岡選手が雪辱を果たして優勝した。
大会の結果は以下の通り。

中学生以上の部
1位 高橋凌平 本成寺中3年
2位 滝沢琉夏 本成寺中3年
3位 小池陽子 本成寺中3年
小学生高学年の部
1位 長岡希空 月岡小5年
2位 小池健太 月岡小5年
3位 金子詠音 月岡小5年
小学生低学年の部
1位 近藤草助 月岡小3年
2位 丸山智輝 上林小4年
3位 大桃恭都 月岡小3年


大会結果のダウンロード↓
三条銃剣道会のwebサイトへ⇒

市民総合体育祭銃剣道競技の様子

2019年9月14日(三条商業高校武道場)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒


Comments are closed