【サッカー】アルビレディースの選手と一緒に『楽しく元気いっぱい』サッカー

NiFA GOALS“スマイル&チャレンジ”キャラバン

8月29日、燕市立島上小学校(大西聡子校長)でアルビレディースの選手たちが児童と『楽しく元気いっぱい』サッカーを楽しんだ。

新潟県サッカー協会(NiFA・柄沢正三会長)は株式会社アルビレックス新潟レディース(アルビレディース)と協同で、新潟県内の小学校を訪問し、ボール遊びなどによるからだづくりやキャリア教育授業を行う「NiFA GOALS“スマイル&チャレンジ”キャラバン」の1回目を8月29日、島上小学校の3〜6年生の85名を対象に実施した。

9時35分からはじまった前半は3・4年生が対象。アルビレディースからは奥山達之監督、西東友里U-18監督、 池田玲奈選手、大久保つくし選手、北川ひかる選手が参加。
開会で奥山監督が「アルビレックスレディースって知っていますか?」と聞くと子供達は「知らな〜い」。
西東監督は「今日はみんなと楽しくサッカーをしたいと思うので、楽しく元気いっぱいで頑張っていきましょう」とあいさつし、サッカー授業がスタート。

ウォーミングアップに、オニ役の3選手に軽くボールを当てるオニごっこを行ったあと、アルビレディースの選手が守るゴールに、最初はボールを手で持って、次は手を使わずドリブルでシュートをして得点を競った。子供達は歓声をあげながら選手のスキを見つけてシュートをしていた。
男女に分かれてのミニゲームでは、ボールが隣のコートに入ってもそのままボールを追いかけ、思い切り体を動かしていた。

閉会で池田選手がリフティング技を披露すると「すご〜い!」と拍手。
記念撮影の後、左右に並んだ児童とハイタッチをしながら選手が退場して1時間ほどで終了。
後半は5・6年生がサッカー授業を行った。

今後の予定

キャラバンは8月27日時点で7校が決まっているが、県サッカー協会では今年度は10校位を目標に行う予定。
今後の予定は以下の通り。
9月5日 新潟市立沼垂小学校 1年生:親子サッカー 6年生:キャリア教育
9月11日 上越市立直江津南小学校 5年生:キャリア教育
10月1日 上越市立東本町小学校
10月9日 燕市立小中川小学校
10月15日 三条市立月岡小学校
10月29日 小千谷市立東小千谷小学校

“スマイル&チャレンジ”キャラバンの様子

2019年8月29日(燕市立島上小学校)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒


Comments are closed