【カヌー】當銘選手(三条スポ協)が準決勝に 世界選手権大会

カヌースプリント日本代表の當銘孝仁選手(三条市スポーツ協会)が世界選手権大会C2-1000mの予選に出場、5位となって準決勝に進んだ。


ICF(国際カヌー連盟)主催のカヌースプリント世界選手権大会が8月21日〜25日、ハンガリー・セゲドで開催され、當銘孝仁選手が大城海輝選手(四日市カヌー協会)とペアを組み、C2-1000mの予選に出場、3分41秒94で8組中5位となり、23日に行われる準決勝に進んだ。
準決勝で1〜3位になるとA決勝に、4位〜6位はB決勝に進む。

この大会はオリンピック予選となる大会で、ここでオリンピック出場枠を獲得すれば五輪代表が内定する。

C2-1000m予選(Heat III)の結果

C2-1000m予選総合結果

C2-1000m予選には32組が出場、當銘・大城の総合順位は18位。


Comments are closed