【サッカー】Noedegrati、レアル加茂が県大会出場決定

県民共済カップ第17回新潟県キッズサッカー大会

中越地区県央ブロック予選決勝トーナメント

8月4日、県民共済カップキッズサッカー大会県央予選決勝トーナメントが行われ、Noedegrati Sanjo FCが優勝、レアル加茂FCスポーツ少年団が準優勝し県大会出場を決めた。

新潟県サッカー協会、BSN新潟放送主催の県民共済カップ第17回新潟県キッズサッカー大会中越地区県央ブロック予選決勝トーナメント(決勝T)が8月4日、三条市総合運動公園で行われた。県民共済カップは新潟県民共済生活協同組合が特別協賛する小学4年生以下を対象にしたサッカー大会。県央ブロック予選リーグを勝ち進んだ8チームが県大会出場をかけたトーナメント戦では、選手やコーチたちが「ナイスシュート」「狙いを持って」「負けない」「サポート(しよう)」などと声をかけあいながら熱戦を繰り広げていた。

Noedegrati、レアル加茂が県大会へ

決勝Tの結果、1位Noedegrati、2位レアル加茂、3位加茂FCジュニア、4位吉田サッカークラブとなり、1位・2位のNoedegrati、レアル加茂は9月21日・22日にデンカビッグスワンスタジアムなどで行われる県大会出場が決定。
3位・4位の加茂FCJr、吉田SCは8月24日に行われる中越地区プレーオフへに進み県大会出場を目指す。

決勝トーナメント表のダウンロード↓

連日の猛暑の中、午前9時半には暑さ指数(WBGT)が30度を示したため日本サッカー協会から示された熱中症対策ガイドラインに沿って、前後半各1回3分間のクーリングブレイクをとった。クーリングブレイクには選手たちはベンチに設置したテントの日陰に入り、ドリンクを飲み、濡れたタオルや噴霧器を使って首や体などを冷やしていた。
[訂正]
本文中、中越地区プレーオフへに進むチームを間違えておりました。
お詫びして訂正いたします。(Fun-Spo)

決勝トーナメントの様子

2019年8月4日(三条市総合運動公園)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒

Comments are closed