【銃剣道】自衛官の中で、中学3年の中島光(元気道場)が第2位

第五回新潟県青年銃剣道大会

新潟県銃剣道連盟主催の第五回新潟県青年銃剣道大会が7月13日、自衛隊高田駐屯地体育館で開催され、出場選手のほとんどが自衛官の大会で三条銃剣道会から出場した中学生たちが健闘した。

大会は、8月に開催される全国青年大会に向けて選手を強化することを目的に5年前に始まったもので、団体戦と個人戦があり、自衛官が23〜26歳、一般が23歳から30歳以下の第一部と22歳以下の第ニ部があり、団体戦第一部に4チーム、第ニ部7チーム 個人戦第一部に17名、第ニ部に18名が出場した。

三条銃剣道会からは、中島光(新津第一中3年)、滝沢瑠夏(本成寺中3年)が団体戦(元気道場)と個人戦に出場した。出場を予定していた高橋凌平(本成寺中3年)はけがのため欠場、3人制の団体戦を中島、滝沢の二人で戦った。
二人は健闘をみせたが、男性自衛官相手に一人欠場のハンデは大きく予選リーグで敗退した。
昨年の全日本少年少女武道錬成大会中学生の部で団体戦、個人戦で優勝した中島は個人戦で2位となる大健闘を見せた。

大会結果

大会結果は以下の通り。

団体戦第一部
一位 第ニ普通科連隊A
二位 第三十普通科連隊
三位 第ニ普通科連隊B
団体戦第二部
一位 第二普通科連隊
二位 第三十普通科連隊A
三位 第三十普通科連隊B
個人戦第一部
一位 高井洸太(二普連)(三条商業高OB)
二位 西永顕也(ニ普連)
三位 渡部将大(ニ普連)
個人戦第二部
一位 坂井祐貴(ニ普連)
二位 中島光(元気道場)
三位 真島奨太(ニ普連)

(敬称略)

新潟県青年銃剣道大会の様子

2019年7月13日(自衛隊高田駐屯地体育館)

写真提供/三条銃剣道会様


Comments are closed