【プロバスケット3×3】予選リーグ敗退に『あと一歩が課題』 三条ビーターズ

トップリーグ「3×3.EXE PREMIER」

SANJO BEATERS.EXE

新潟県三条市から世界を目指す3人制プロバスケットボールチーム「SANJO BEATERS.EXE(三条ビーターズドットエグゼ)」が東京で「3×3.EXE PREMIER」Round.4の対戦を行い、予選リーグ2連敗でセミファイナルに進むことはできなかった。

三条ビーターズはスポーツまちづくりを目指して活動する3人制プロバスケットボールチーム。三条から世界を目指し、地域おこし協力隊として半農半バスケで地域活性化、農業6次産業化に貢献することを目的としている。運営主体はNPO法人ソーシャルファーム三条(柴山昌彦理事長)。
3人制バスケのトップリーグ「3×3.EXE PREMIER」に今年から参戦、日本と韓国の6チームによるアジアカンファレンスイーストでの優勝を目標に戦っている。

6月22日、宮城県仙台市で行われたRound.3ではファイナルへと進み準優勝した。Round.3終了時点でカンファレンス3位。

7月7日、Round.4が開催されたセガサミーアリーナ(東京都江東区有明)には、チームカラーの紫の地に黄文字で「BEATERS」と入ったマフラータオルを首にかけた30人ほどのブースター(応援団)が駆けつけて応援する中、予選リーグの2試合を戦った。

KOREA 3×3.EXEとの第1試合は残り時間3分26秒に、#3花野が2ポイント(P)シュートで15-15の同点に追いつくが、その後、三条は得点できず15-21でノックアウト(K.O)負け。

この試合に負けたら予選敗退となるSHINAGAWA CC WILDCATS.EXEとの対戦では、#3花野が4連続2Pで13-13の同点とするが、品川の#13クリス・ブラウンが高さを活かしゴール下から着実に1Pシュートを積み重ねる。#3花野が2P、1Pを決めて残り時間1分21秒で19-19の同点に。品川が1Pを決め19-20。三条#10松岡のK.Oを狙った2Pシュートが外れ、こぼれたボールを拾った品川のゴール下からのシュートに三条がたまらずファール。品川はフリースローを決めてK.Oで勝利した。

三条は上位2チームが進むセミファイナルに勝ち進むことはできなかった。
HOKKAIDO ASIR DIVERGENT.EXEとTOKYO SUPREMERS.EXEの対戦となったRound.4ファイナルは、北海道が東京を21-20で降し優勝した。

試合後のインタビューで#35南条キャプテンは「今までできていたコミュニケーションがとれなかった。会場の雰囲気によって選手の心がブレたところを相手に突かれた」と悔やんだ。接戦となった第2試合については「あと一歩が課題」とし「ここからまた一からやり直してもう一回チャレンジャーの気持ちを持ってしっかりやっていきたい。」として、次の韓国戦に気持ちを切り替えていた。

会場に応援に来ていた柴山さんは第2試合について「いままでのビーターズのやり方で自分たちの強みで勝負してくれた、いい試合をしてくれた」と話し、Round.3でカンファレンス3位となったことには「上出来」とし、シーズン目標の優勝を目指して「最後まであきらめずにやりたい」と語った。

会場MCが「今日は会場で一番目立っている」とアナウンスした三条ビーターズのブースターは、選手の家族やユニフォームスポンサーのマスターロックの関係者、そして新潟からきた応援団たち。「大きな拍手でサポーート!新潟ファン、カモーン!!」の会場MCにマフラータオルを両手で大きく上に掲げてブーストしていた。「今回はじめてこんなに大応援団がきたのに勝てなくて残念だったが、2試合目は本当に心が震えるような試合をしてくれたので次につなげてくれれば」(柴山さん)の次の試合は7/20~21の韓国でのRound5,6となる。


[2019シーズン三条ビーターズの今後の試合日程]
Round5,6:7/20~21@韓国高陽市(スポーツモンスター)
Round7,8:8/17~18@韓国高陽市(スポーツモンスター)
Playoff  :9/7~8@東京都港区(六本木ヒルズアリーナ)

[Round.4 三条ビーターズのロスター]
#35南条一輝(キャプテン・26歳・175cm・和歌山市出身)
#10松岡一成(29歳・188cm・茨城県牛久市出身)
#3花野文昭(24歳・173cm・新潟県胎内市出身)
#23秦啓大(30歳・183cm・東京都港区出身)
(敬称略)

Round.4の様子

2019年7月7日(セガサミーアリーナ)
三条ビーターズ(青いユニフォーム) vs コリア

三条ビーターズ(白いユニフォーム) vs 品川CCワイルドキャッツ

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒


Comments are closed