【サッカー】優勝はヌドゥグラティ三条 準優勝は加茂FCJ

第4回パール金属カップ県央地区少年サッカー大会

2日目・決勝トーナメント結果

6月29日・30日、パール金属カップ県央地区少年サッカー大会が開催されNoedegrati Sanjo FC(ヌドゥグラティ三条)が優勝した。準優勝は加茂フットボールクラブジュニア(加茂FCJ)。

三条市サッカー協会(杉井旬会長)主催のU-11(小学5年生以下)8人制の第4回パール金属カップ県央地区少年サッカー大会が6月29日・30日、三条市総合運動公園多目的広場(三条市月岡)で開催され、三条市、燕市、加茂市、見附市、弥彦村から15チーム、224名の選手が参加して優勝を争った。

29日は3〜4チーム・4グループに分かれて予選リーグを実施し、Noedegrati 、栄サザンクロス、レアル加茂FCスポーツ少年団、Jドリーム三条、分水FCjr、見附FC U-12、新潟ナポリFC三条Jr、加茂FCJの8チームが30日の決勝トーナメントに進んだ。

30日は明け方から激しく降った雨のため全チームの協議により、開始時間は30分遅らせて10時から開始、フレンドリー戦は中止、時間短縮のために試合時間を前後半15分・15分を前後半なしの20分1本に変更して大会を実施した。
試合開始の頃には一段と雨が強くなり、ピッチは水びたし。選手たちはボールが上手く蹴れない、蹴ってもボールが飛ばない、蹴ったボールが止まる、ドリブルができないような状態。PKでもシュートしたボールがゴールキーパーまで届かない選手もいた。

大会結果

昨年と同じ対戦となった決勝戦はヌドゥグラティ三条が4-0で加茂FCJを降して連覇を果たした。

大会結果
優勝 Noedegrati Sanjo FC
準優勝 加茂フットボールクラブジュニア
3位 新潟ナポリFC三条Jr
4位 分水FCjr
大会MVP 長谷川弾夢(Noedegrati Sanjo FC)

大会上位となったヌドゥグラティ三条、加茂FCJ、ナポリFC三条、分水FCの4チームには新潟県U11サッカー大会のシード権が与えられる。

決勝トーナメント表のダウンロード↓

決勝トーナメントの様子

2019年6月30日(三条市総合運動公園多目的広場)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒

Comments are closed