【カヌー】五十嵐川にトップ選手が集結! ジャパンカップ第2戦

2019カヌーワイルドウォータージャパンカップ第2戦

2019こしひかりカップ

4月28日、新潟県三条市の五十嵐川で日本代表など国内のトップ選手が参加して、日本カヌー連盟の公式戦となる2019カヌーワイルドウォータージャパンカップ第2戦が開催される。

ジャパンカップは日本カヌー連盟が主催の公式戦。2019年は全国で7戦が行われる。三条市、五十嵐川では昨年に続いて2回目の開催。男子では昨年の国体チャンピオンで4月のジャパンカップ第1戦でも優勝した山根美千義選手、女子では昨年の国体チャンピオン笹生裕子選手など全国から男女ナショルチーム指定選手9人を含む17人が集まる。

三条市スポーツ協会からは岩瀬晶伍選手、本田圭選手の二人が出場。二人もナショルチームB指定選手。
五十嵐川はテクニックも体力も必要なワイルドウォーター(WW)らしいコース。急流もあり、緩やかな流れのポイントもあるWWに適したコース。白鳥の郷公苑(新潟県三条市森町1774番地1)をスタートし花江大橋までの約2.8kmを漕ぎ下りタイムを競う。

ジャパンカップ終了後に行われる2019こしひかりカップはカヌーの育成・普及を目的に6年前に始まった大会。
今回はこれまでの川を漕ぎ下るダウンリバーから競技方法を変更。3〜4艇が同時スタートするクロス方式で行う。白鳥の郷公苑前に設定された周回コースを1.5周まわる。スタートして漕ぎ上がり、漕ぎ下りまた漕ぎ上がってゴールとなる。着順で順位を決めるので観客が見ていて面白く、わかりやすいレースとなる。長い艇を流れの中でどう取り回し回転するかもみどころ。

27日は午前9時から午後3時まで公式練習、28日は午前9時10分からデモンストレーション、10時10分からノンストップトレーニング、11時20分からジャパンカップクラシック決勝(1分間隔で発艇)、12時30分からこしひかりカップ予選、12時50分からこしひかりカップ決勝を行う。
主催者では大勢の市民が応援に来てくれることを期待している。

カヌーワイルドウォータージャパンカップ出場選手

【男子】
▽斎藤晶文(岩手)▽書上剛(群馬)▽平岩達樹(神奈川)▽岩瀬晶伍(新潟)▽久司満(石川)▽奥田翔悟(滋賀)▽大戸文吾(和歌山)▽小林大斗(和歌山)▽都田祐道(鳥取)▽山根美千義(岡山)▽安藤慎弥(高知)
【女子】
▽山田茉未(岩手)▽井戸奈津美(茨城)▽本田圭(新潟)▽笹生裕子(石川)▽井口愛梨(岐阜)▽福本かな子(鳥取)

こしひかりカップ出場選手

【男子】
▽斎藤晶文(岩手)▽平岩達樹(神奈川)▽岩瀬晶伍(新潟)▽久司満(石川)▽奥田翔悟(滋賀)▽大戸文吾(和歌山)▽小林大斗(和歌山)▽都田祐道(鳥取)▽山根美千義(岡山)▽安藤慎弥(高知)
【女子】
▽山田茉未(岩手)▽井戸奈津美(茨城)▽本田圭(新潟)▽笹生裕子(石川)▽井口愛梨(岐阜)▽福本かな子(鳥取)
※敬称略

Comments are closed