【WTG】雪を遊び尽くせ!「越後雪獅子祭」2月16日・17日開催

WINTER TRAIL GAMES~越後雪獅子祭~

冬の真っ只中に雪山を駆け回り楽しむ人気のイベント「WINTER TRAIL GAMES~越後雪獅子祭~」(WTG)が2月16日・17日、スノーピークHeadquartersをメイン会場に開催される。雪上を走るレースイベントの他に、雪上遊具を集めたスノーアイテムパークなど楽しい雪上イベントが満載。

雪があるから、山があるから、自然があるから、私たちは遊べる!

5回目の開催となるWTG[越後雪獅子祭]は、新潟県三条市の下田郷魅力発信協議会(佐野誠五会長)が冬の下田郷の魅力を知ってもらおうと行っている雪上イベント。「雪があるから、山があるから、自然があるから、私たちは遊べる!」がテーマ。三条市下田地域を舞台に雪を遊び尽くす様々なイベントが行われる。

スノーピーク会場のイベント

スノーピークHeadquarters(新潟県三条市中野原)では16日にスノーシュー(西洋かんじき)を使ったスノーシューカップ三条大会、17日はスノーランカップ三条大会の雪上レースを開催。いずれも当日申込みが可能。
16日、17日の両日、スノーアイテムパークでは、エアーチューブソリ、プラスチックソリ、エアースノーモービル、スノーシュー、ストラックアウトが無料で遊び放題。
スノーストライダー&マウンテンバイク&ファットバイク体験試乗会は、ミニスキーを装着したスノーストライダー(ペダルの無い自転車)や太いタイヤで雪上を走るファットバイク、マウンテンバイクが無料で体験できる。
17日には、雪の中で宝探しをするスノートレジャーハンティングGAME(無料)、スノーシューを履いて3人1組で雪上ゲームをするスノーチャレンジGAME(無料・要事前申込み)が行われる。
スノーシューを履いてトレッキングとアウトドアランチを楽しむスノーシュー×カフェランチツアーは16日、17日開催。16日はまだ受付中(2019.02.12現在)。
スノーラフティングGAMEはボートをスノーモービルで引っ張り雪上を走り回る。爽快感が味わえる。有料(1回500円)。
アルフォートミニチョコレートプレミアム(濃胡麻または濃苺)の来場者プレゼント(2日間合計先着500名限定)もある。

いい湯らてい会場イベント

八木ヶ鼻温泉いい湯らてい(新潟県三条市南五百川16番地1)では巨大かき氷を制限時間内に食べきるとかき氷代が無料になり入浴券がプレゼントされる「チャレンジメニュー!真冬にバケツかき氷」を16日、17日10時半〜20時に行う。参加費はかき氷代として1,000円(税抜)。

白鳥の郷公苑会場イベント

白鳥の郷公苑(新潟県三条市森町1774-1)では、「白鳥おじさんに教わるエサあげの極意」を実施。白鳥おじさんがエサあげの極意や白鳥の好物などを教えてくれる。17日、11時〜12時。参加費は無料で当日会場で受付。

嵐渓荘会場イベント

越後長野温泉嵐渓荘では17日に、スノーシューツアーin嵐渓荘を行い、裏山(机山)をスノーシューで1時間半から2時間くらい散策する。(受付終了)

無料シャトルバス

無料のシャトルバスが午前8時30分から午後4時の間、スノーピークと三条市役所下田庁舎間で運行される。
燕三条駅・スノーピーク間のシャトルバスは予約が必要(Tel0256-34-5447 三条市スポーツ振興室まで)。行き1便(燕三条駅(三条側)08:30発→スノーピーク09:30着)、帰り2便(スノーピーク15:00発→燕三条駅(三条側)16:00着、スノーピーク16:00発→燕三条駅(三条側)17:00着)の運行。
詳しくは越後雪獅子祭〔WINTER TRAIL GAMES〕のwebサイトで要確認。

チラシのダウンロード↓

2018年のWTG~越後雪獅子祭~の様子

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒

Comments are closed