【フットサル】優勝は長岡JYFC、準優勝はFC.ARTISTA

第26回東北電力杯新潟県少年フットサル大会

吉田SCは3位

1月20日、五泉市総合会館で東北電力杯新潟県少年フットサル大会決勝戦などが行われ長岡JYFCが優勝した。準優勝はFC.ARTISTA、県央地区から出場した吉田SCが3位となった。

新潟県サッカー協会(柄沢正三会長)主催の第26回東北電力杯新潟県少年フットサル大会が1月19日・20日、五泉市総合会館で開催され県内各地区の予選を勝ち抜いた18チームが優勝をかけて戦った。
大会は19日に予選リーグ、20日に順位リーグと順位決定戦を行った。

予選リーグ、決勝リーグと勝ち上った長岡JYFC U-12とFC.ARTISTA U-12との決勝戦は前半2-3とARTISTAがリードするも、後半、長岡JYFCが押し返し長岡JYFCが4-3で県内138チームの頂点に立った。白熱した攻防が繰り広げられたゲームに会場からはシュートのたびに歓声やため息があがっていた。
試合終了後のTVのインタビューで長岡JYFCの山口創監督は「チーム全体で戦うことができた」と喜びを語った。

 

大会結果

東北電力杯新潟県少年フットサル大会結果
優勝 長岡JYFC U-12
準優勝 FC.ARTISTA U-12
第3位 吉田サッカークラブ
フェニックスリーグ
1位 小千谷SC U-12
フレンドリーリーグ
1位 越路Jrフットボールクラブ


順位リーグ結果のダウンロード↓

順位決定戦結果のダウンロード↓

吉田SCは3位

県央地区から出場した吉田SCとNoedegrati Sanjo FCも予選リーグを勝ち上がり決勝リーグに臨んだ。
[決勝リーグ1試合目]
吉田SC 9-5 水原サッカー少年団
Noedegrati 2-5 巻サッカークラブ
[決勝リーグ2試合目]
吉田SC 5ー5 長岡JYFC
吉田の5点は9番田中結羽選手が全てをたたきだした。
吉田SCは1勝1分け勝点4、得失点差で2位となり3位決定戦へ。
Noedegrati 0-7 FC.ARTISTA
Noedegratiは2敗で決勝リーグで敗退となった。
[3位決定戦]
吉田SC 6-4 巻サッカークラブ

吉田SCの飯塚和明監督は試合後のインタビューで3位の成績に「正直悔しい、優勝しててもおかしくなかった」と話し、決勝リーグの2試合目で後半一時2点をリードしたあと「JYさんも粘って、最後のところは追いつこうという気迫がうちとの差だった。」と決勝に進めなかった悔しさをこめた。それでも、6年生最後の大会で全員(出場)で頑張るという目標はほぼ達成できたことを喜んだ。

東北電力杯フットサル大会の様子

2019年1月20日(五泉市総合会館)
[決勝リーグ]

[3位決定戦 吉田SC-巻サッカークラブ]

[決勝戦 長岡JYFC-FC.ARTISTA]

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒

Comments are closed