【ミニバス】ルーキーズ三条がベスト4へ! 新潟県ミニバス大会

ホンダカーズ長岡カップ第40回新潟県ミニバスケットボール大会

ベスト4が決定!

12月1日、新潟県ミニバスケットボール大会が開催されベスト4が決まった。県央地区から出場したルーキーズ三条が準決勝に勝ち進んだ。明日2日、決勝が行われ新潟県のチャンピオンチームが決まる。

新潟県バスケットボール協会主催のホンダカーズ長岡カップ第40回新潟県ミニバスケットボール大会が12月1日、新潟市東総合スポーツセンターなどで開催され、県内7地区を勝ち抜いてきた男女各16チームが優勝を目指してトーナメント戦を戦った。
県央地区からは男子がルーキーズ三条、女子が下田ミラクルラビッツが出場した、

新潟市東総合スポーツセンターで行われた開会式では、男女各16チームが体育館後方に整列、男子から1チームずつチーム紹介をされながら前方に行進。ルーキーズ三条は「楽しく燃えろ!を合言葉に走るバスケでGO!」と紹介されながら、下田ミラクルラビッツは「一生懸命走って勝利をめざします!」と紹介されながら行進をした。
昨年度優勝の男子、BADBOY’S(県央)と女子、浜浦ウィンドガールズ(新潟)が優勝杯を返還。
新潟県ミニバスケットボール連盟の杉中宏会長は「バスケットボールのゲームは最後までわかりません。ひとつのプレイがひとつのパス、ひとつのシュートが、試合を大きく影響します。最後まで、タイムアップの瞬間まであきらめることなく、友達と気持ちをあわせて頑張ってほしい。」とあいさつ。
選手を代表して男子は半田JSC(柏崎)梅澤悠翔くん、女子は柏崎サクラクイーンズ(柏崎)小池瑛麻さんが「我々選手一同は日頃の練習の成果を十分に発揮し、ともに汗を流した仲間を信じ、今日まで支えてきてくださった保護者に感謝し、テッペン目指して正々堂々と戦うことを誓います。」と宣誓を行った。

開会式後に女子は東総合スポーツセンターで10時から、男子は北地区スポーツセンターに会場を移動して10時40分から試合を行った。
下田ミラクルラビッツは1回戦で葛塚ウイングス(新潟)と対戦、21-51で敗退した。下田はディフェンスリバウンドを相手に取られ、点差を広げられた。
ルーキーズ三条と新井イーグルス(上越)の対戦は拮抗した試合展開となった。ルーキーズは第4クオーター終盤まで先行されていたが逆転し1点差で逃げ切った。
新井イーグルス 35-36 ルーキーズ三条

ルーキーズ三条は準々決勝で浜浦ファイティングイーグルス(新潟)を50-24で降しベスト4へ進んだ。

準決勝進出チーム

準決勝に勝ち進んだチームは以下の通り。
〔男子〕BOMBERS(新潟)、ルーキーズ三条(県央)、早小JBC(新潟)、小千谷スーパーソニックス(長岡)
〔女子〕大形イーグルス(新潟)、あおばS・C(長岡)、大淵丸山BEANS!(新潟)、浜浦ウィンドガールズ(新潟)

1日目の結果(トーナメント表)のダウンロード↓

明日2日、新潟市東総合スポーツセンターで準決勝、決勝が行われチャンピオンチームが決まる。
1位から3位までが表彰され、男女の各優勝チームが第50回全国ミニバスケットボール大会(2019年3月28日〜30日、群馬県高崎市)へ、男女の各優勝および準優勝チームは第38回北信越ミニバスケットボール大会(12月23日〜24日、長野県長野市)へ推薦される。

大会の様子

2018年12月1日(東総合スポーツセンター、北地区スポーツセンター)
[開会式]

[1回戦] 下田ミラクルラビッツ-葛塚ウイングス

[1回戦] 新井イーグルス-ルーキーズ三条


[準々決勝] 浜浦ファイティングイーグルス-ルーキーズ三条

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒

Comments are closed