【サッカー】吉田SCが全日本U-12県大会準優勝を燕市長に報告

吉田サッカークラブが燕市長を表敬訪問

燕市の少年サッカーチーム「吉田サッカークラブ」は11月19日、鈴木力燕市長を表敬訪問し、全日本U-12サッカー選手権大会新潟県大会準優勝と北信越U-12サッカー選手権大会に出場した結果を報告した。

JFA第42回全日本U-12サッカー選手権大会はこれまで全日本少年サッカー大会の名称で実施してきたが、昨年11月に発表されたJFAブランディングの一環として改称されたもの。新潟県大会には138チームが出場しグループリーグ、決勝トーナメントを行い、全国大会出場をかけた熱い戦いが繰り広げられた。
11月3日に行われた決勝戦で吉田サッカークラブ(吉田SC)はclub F3(新潟西地区)と対戦、吉田SCは先制するも終了間際に逆転され1-2で惜しくも優勝を逃した。
同大会で1位〜3位となったclub F3、吉田SC、水原サッカー少年団が11月17日・18日に福井県坂井市で行われた2018フジパンCUP第17回北信越U-12サッカー選手権大会に出場し、吉田SCは1回戦でアンテロープ塩尻ジュニアA(長野県)と対戦、4-3で敗れ全16チーム中11位だった。

表敬訪問にはユニホームを着たチームの選手たちと本田厚信代表や飯塚和明監督、燕市サッカー協会板谷健二朗会長、燕市の子供達のサッカーを支援する会の青柳修次代表ら25名程が市役所を訪れた。
キャプテンの鈴木龍大郎君は「(北信越大会は)どこの県のチームもとても強かった、通用しなかった部分もあったがこの敗戦をバネに次の大会につなげていきたい」と話し、本田代表は「全日本U-12の2位は胸を張れる。フジパンカップも負けはしたがすべての県の1位と戦って2勝している、これは素晴らしい結果だった」と報告した。
市長は、多くの選手たちが北信越大会で負けたことを話したことに触れ、「負けたことが余程悔しかったのだろうが、全日本U-12で新潟県2位、クラブの歴史上最高の成績を納めたと言うことはまず胸を張るべき。昨日の悔しい思いをバネにもっともっと成長して大きな夢に向かって飛躍してもらいたい」とエールを贈った。

表敬訪問の様子

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒


Comments are closed