【サッカー】ベスト4が決定! 全日本U-12新潟県大会

JFA第42回全日本U-12サッカー選手権大会新潟県大会

吉田SCがベスト4に

日本サッカー協会(JFA)、新潟県サッカー協会などが主催のJFA第42回全日本U-12サッカー選手権大会新潟県大会決勝トーナメント3回戦・準々決勝が10月28日、長岡ニュータウン運動公園で行われ、水原サッカー少年団、吉田サッカークラブ、長岡JYFC U-12、club F3がベスト4に進出した。
【追記】決勝トーナメント表を追記しました。

朝の強い雨もあがり、午前9時の気温は14.7度(アメダス)と選手にとってはいいコンディションの中で試合は始まった。
ピッチでは選手たちが「中いれろ」「切り返して」「ハッキリしろ」「盛り上げよう」などと声をかけあい、優勝目指して全力で戦った。

県央地区から決勝トーナメント(決勝T)3回戦に勝ち進んでいたのは吉田サッカークラブ(吉田SC)とNoedegrati Sanjo FCの2チーム。

吉田SCは準決勝へ

吉田SCは3回戦でFC大和ジュニオルスと対戦。
吉田は何度もチャンスを作っていたが、先制は大和。前半終了間際、右サイドを抜かれ、ゴール前にあげたボールを大和がきめた。後半、CKを吉田が頭で合わせて同点においつく。その後、吉田はPKを獲得。GKが一度は止めたが、こぼれたボールを吉田20番が冷静に決めて逆転。2-1で吉田が勝利した。
[決勝T3回戦]FC大和ジュニオルス 1-2 吉田SC
グランセナ新潟FCジュニアとの準々決勝は、後半吉田がCKをヘッドでゴール。この1点を守り抜き、準決勝へ進んだ。
[準々決勝]吉田SC 1-0 グランセナ新潟FCジュニア

Noedegratiは準決勝敗退

Noedegratiの3回戦は春日サッカースポーツ少年団との対戦。Noedegratiは開始早々の失点。すぐに同点とするもその後はお互いに点の取り合いとなり3-3の同点でタイムアップ。PK戦を2-1で勝利したNoedegratiが準々決勝へ。
[決勝T3回戦]春日サッカースポーツ少年団 3-3(PK 1-2) Noedegrati Sanjo FC
水原サッカー少年団との準々決勝、Noedegratiはまたも開始早々に失点。前半だけで3失点。後半も開始早々失点し、0-5の完封負けで準々決勝で敗退した。
[準々決勝]Noedegrati Sanjo FC 0-5 水原サッカー少年団

決勝トーナメント表・3回戦、準々決勝の結果・日程表のダウンロード↓

決勝は11月3日

ベスト4に勝ち進んだのは、水原サッカー少年団、吉田SC、長岡JYFC U-12、club F3。
準決勝・3位決定戦・決勝は11月3日、長岡ニュータウン運動公園(長岡市陽光台)で行われる。
準決勝(1) 09:30 水原SS - 吉田SC
準決勝(2) 10:30 長岡JYFC - club F3
3位決定戦  12:30
決 勝    14:00

全国大会

優勝したチームにはJFA第42回全日本U-12サッカー選手権大会決勝大会(全国大会)の出場権が与えられる。
決勝大会(全国大会)は2018年12月26日~12月29日に鹿児島県鹿児島市で開催される。

[お詫び]
「吉田SCは準決勝へ」の本文中、「こぼれたボールを吉田10番が冷静に決めて逆転。」につきまして、決めたのは20番の選手だったとのご指摘をいただきました。
お詫びして訂正いたします。(Fun-Spo)

決勝トーナメントの様子

10月28日(長岡ニュータウン運動公園)

[決勝T3回戦]春日SSS 対 Noedegrati
[決勝T3回戦]FC大和 対 吉田SC
[準々決勝]Noedegrati 対 水原SS
[準々決勝]吉田SC 対 グランセナ

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒

Comments are closed