【駅伝】 新潟県駅伝「燕市」は21位

第71回新潟県駅伝競走大会

岸本大紀が区間賞

新潟陸上競技協会などが主催の「第71回新潟県駅伝競走大会」が10月21日に開催され上越が逆転優勝、3連覇を果たした。「燕市」チームは6時間21分で21位だった。

1948年に長岡〜新潟間郡市対抗駅伝競走として始まった県縦断駅伝は、今年から一日開催となり名称も新潟県駅伝に変わった。長岡市営陸上競技場から新潟市陸上競技場までの全12区間110.1kmのコースを26チームがタスキをつなぐ。
秋晴れとなった21日は中継点など沿道で多くの県民が小旗を振って、声援を送っていた。

燕市陸上競技協会(皆川弘保会長)では「燕市」チームとして社会人5名、大学生3名、高校生7名、中学生3名の18名をエントリーし大会に臨んだ。
本多政則監督は「主力は高校生」として「前半型」のレース展開を想定していた。
1区松岡竜也(中越高3年)は区間賞を狙った走りで1位と3秒差の区間3位。2区小林弘人(三条高2年)が10位、3区西村鴻(富山大)が13位でつなぐ。中学生区間4区の笹川洸成(燕中2年)は区間2位の快走で10位にあげた。
県駅伝初出場となった5区岸本大紀(三条高3年)は余裕の区間賞で5位に。「高校駅伝にも備えて温存した形での区間賞、まだまだ行けたと思う」(本多監督)と別格。兄弟リレーとなった6区岸本克佳(大阪大4年)に笑顔でタスキをつないだ。

岸本克佳は区間6位でさらに順位を4位にあげた。「今回で最後ということなので心のこもった、気合いの入った走りをしてくれた」走り。ここまでは「ほぼ100点、120点」(本多監督)
「(後半)ゴールまで粘り強くつないでくれたら」と監督は期待したが、7区のベテラン高橋弥一(49歳・高三仏具店)が故障で「ブレーキ」。足の痛みで11位に順位を落とす。10区の滝沢周大(吉田中3年)が区間5位で15位にもどしたもののあとが続かず6時間21分でゴール。総合順位は21位で目標の15位には届かなかった。
本多監督は「中高生はほぼ100点満点。一般の方の総合的な力が年齢もあってだいぶ落ちてきている。来年に向けてどう強化していくかというのはこれから検討して一年かけて立て直しをはかる」と述べた。
敬称略。

燕チームの選手と成績

第71回新潟県駅伝競走大会燕チームの成績は以下の通り。

燕チーム成績一覧表のダウンロード↓

第71回新潟県駅伝競走大会の様子

2018年10月21日(三条市民プール〜矢代田)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒

Comments are closed