【駅伝】岸本兄弟リレーが実現 新潟県駅伝「燕市」チーム

第71回新潟県駅伝競走大会

「燕市」チームメンバー決定

「第71回新潟県駅伝競走大会」(新潟陸上競技協会などが主催)が市や地域の26チームが参加して10月21日に開催される。「燕市」チームは岸本大紀(三条高3年)が初めて県駅伝に登場。兄、岸本克佳(大阪大4年)との兄弟リレーが実現しそうだ。

長岡市営陸上競技場から新潟市陸上競技場まで全12区間110.1kmを走る「第71回新潟県駅伝競走大会」が10月21日に開催される。1948年に長岡〜新潟間郡市対抗駅伝競走として始まった県縦断駅伝は、今年から一日開催となった。
このほど燕市陸上競技協会(皆川弘保会長)では県駅伝にエントリーした18名を発表した。

「燕市」チームメンバー表のダウンロード↓
メンバーは社会人5名、大学生3名、高校生7名、中学生3名の18名。出場31回を数える超ベテラン高橋弥一(49歳・高三仏具店)がチームをまとめる。
本多政則監督は「主力は高校生と考えていたが3人の怪我人がでて、急遽入れ替えた。選手のやりくりはやっとついたというところ」とチーム事情は厳しいが、5000m14分台の松岡竜也(中越高3年)や小林弘人(三条高2年)など実力のある高校生に期待をしている。
特に、県高校総体5000m3連覇の岸本大紀には「区間賞候補」(本多監督)と期待が大きい。「新潟県高校生NO.1」(本多監督)の岸本はこれまで故障があったり高校駅伝や上位大会を優先したため県駅伝には出場がなく、これが初出場となる。今回は兄、岸本克佳との兄弟リレーが実現しそうだ。
本多監督はレース展開を「前半型」とし「(後半は)なんとかしのいでゴールを目指したい」と目標順位は「15位」とした。

三条市内に中継地点が2ヶ所

コースは長岡市営陸上競技場を8:00にスタート、長岡北園町~見附今町~千肥野〜国道8号線〜土場〜嵐南バイパス〜三条市民プール前(中継地点)〜三条高校前〜信越線アンダー〜昭栄大橋〜三条市役所前(中継地点)〜国道403号線〜保内〜加茂~矢代田~新津~水原~豊浦~新発田~豊栄~新潟市陸上競技場までの110.1km。
今回、三条市内の三条市民プール前(通過予定時刻09:18)三条市役所前(同09:29)の2ヶ所に中継地点が設けられた。
敬称略。


※写真は新潟県縦断駅伝(2017年10月21日・22日)の様子


Comments are closed