【駅伝】目標は12位 新潟県駅伝「三条市」チーム

第71回新潟県駅伝競走大会

「三条市」チームメンバー決定

「第71回新潟県駅伝競走大会」(新潟陸上競技協会などが主催)が市や地域の26チームが参加して10月21日に開催される。「三条市」チームは学生らの力が充実、12位を目指す。

長岡市営陸上競技場から新潟市陸上競技場まで全12区間110.1kmを走る「第71回新潟県駅伝競走大会」が10月21日に開催される。1948年に長岡〜新潟間郡市対抗駅伝競走として始まった県縦断駅伝は、今年から一日開催となった。
三条市陸上競技協会(藤田五郎会長)においても最重要大会と捉え、練習会及び選考会を重ね、このほど「三条市」チームのメンバーが決定・発表された。

「三条市」チームメンバー表のダウンロード↓
メンバーは中学生3名、高校生7名を含む18名。チーム最高齢の高井滋(46歳・いからしの里)、最多出場21回の西山猛彦(45歳・コロナ)は今年もチームの軸として健在。福井国体にトライアスロン新潟県代表として出場した渡邊哲也(22歳・中央大)や昨年区間9位の岡田瑞生(21歳・上武大)など大学生が好調。三条高校の選手が充実し、中学生も県内上位の記録を持つ選手が集まった。
一日開催となった今年の駅伝について佐藤美教監督は「区間ごとの距離も短縮されたため、よりスピードが要求される」とし、学生が充実している三条市チームにとってはプラスと捉えている。「前半、三条高校勢で好位置につけ中盤でそれをキープ、終盤で更に順位を上げたい」とレースプランを考えている。
昨年の順位16位からアップして、12位を目標に掲げる。

中継地点が2ヶ所

コースは長岡市営陸上競技場を8:00にスタート、長岡北園町~見附今町~千肥野〜国道8号線〜土場〜嵐南バイパス〜三条市民プール前(中継地点)〜三条高校前〜信越線アンダー〜昭栄大橋〜三条市役所前(中継地点)〜国道403号線〜保内〜加茂~矢代田~新津~水原~豊浦~新発田~豊栄~新潟市陸上競技場までの110.1km。
今回、三条市内の中継地点が三条市民プール前(通過予定時刻09:18)三条市役所前(同09:29)の2ヶ所となり、関係者は多くの市民の応援を期待している。
敬称略。


Comments are closed