【テニス】男子Aクラス優勝は原山周・丸山裕太郎ペア

平成30年度三条協会杯テニス選手権ダブルス大会

10月7日、三条協会杯テニスダブルス大会が開催され、男子Aクラスで原山周・丸山裕太郎ペア(三条東高校)が優勝した。

三条テニス協会(佐藤隆司会長)主催の平成30年度三条協会杯テニス選手権ダブルス大会が10月7日、燕市スポーツパークテニスコートで開催された。
大会には17組34名がエントリー。男子A、男子B・女子の2クラスで予選リーグ、決勝トーナメントを行い優勝を争った。

新潟県直撃も心配された台風25号は、7日午前3時に日本海で温帯低気圧に変わり大会は予定通り開催。「(ボールが)風で流される〜」と時折り吹く強い風に苦戦する場面もみられた。
平成28年から参加者数は変わっていないが、今大会には三条東高の高校生ペアが6組参加して大会を盛り上げた。逆に女子ペアは昨年の4組から1組に減った。

三条協会杯ダブルス大会結果

男子Aクラスの優勝は原山周・丸山裕太郎ペア(三条東高校)、男子B・女子は木戸理恵(フリー)・恵知子(三条ファミリーT.C)の親子ペアが優勝した。

三条協会杯ダブルス大会結果のダウンロード↓

三条協会杯ダブルス大会の様子

10月7日(燕市スポーツパークテニスコート)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒


Comments are closed