【サッカー】吉田SCが優勝 内野ジュニアが準優勝

第2回燕ロータリークラブ杯ジュニアサッカー大会U12

第2回燕ロータリークラブ杯ジュニアサッカー大会U12が9月23日・24日に開催され、優勝した吉田サッカークラブにはものづくりのまち燕市で作られた金色のトロフィーが贈られた。

燕ロータリークラブ(燕RC)主催の第2回燕RC杯ジュニアサッカー大会U12が9月23日・24日、県央地区や県内から24チームが参加して燕市吉田大規模公園(ふれあい広場)で開催された。
大会は、「燕市内の子供たちのサッカーを支援する会」がこれまで燕市内に人工芝サッカー場の建設を求めて活動をしてきたが支援する会には燕RCの会員も多く、サッカー場の建設の機運を盛り上げるためにもサッカー大会を開催したいと昨年から実施。今回が2回目の開催となった。

23日は弥彦山がくっきりと見える秋空の中、選手たちは思い切りボールを追いかけていた。
優勝は吉田SCで2連覇。準優勝は内野ジュニア、3位栄サザンクロス、4位ヌドゥグラティ三条。
今年は表彰用のバックボードが新調され、バックボードの前で記念撮影を行うチームもあった。

結果(予選リーグ・順位トーナメント)のダウンロード↓

燕RC杯ジュニアサッカー大会の様子

2018年9月23日(吉田大規模公園)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒


Comments are closed