【サッカー】Noedegrati、レアル加茂が県大会出場決定

県民共済カップ第16回キッズサッカー大会

分水FCJr、加茂FCJrは中越地区プレーオフへ

県民共済カップキッズサッカー大会中越地区県央決勝トーナメントが8月5日に行われ、Noedegrati Sanjo FCが優勝、レアル加茂FCスポーツ少年団が準優勝し県大会出場を決めた。

新潟県サッカー協会などが主催の県民共済カップ第16回キッズサッカー大会中越地区県央ブロック決勝トーナメント(決勝T)が8月5日、三条市総合運動公園で開催された。県民共済カップは小学4年生以下を対象にしたサッカー大会。
ブロック予選を勝ち抜いた8チームが県大会出場をかけて戦い、選手たちは「練習通りにやろうよ」「逆サイドスペースあるよ」「リスタート早く」などの声をかけあいながら熱戦を繰り広げていた。

Noedegrati、レアル加茂が県大会へ

決勝Tの結果、1位Noedegrati、2位レアル加茂、3位分水FCジュニア、4位加茂FCジュニアとなり、1位・2位のNoedegrati、レアル加茂は9月23日・24日にデンカビッグスワンスタジアムなどで行われる県大会出場が決定。
3位・4位の分水FCJr、加茂FCJrは8月19日に行われる中越地区プレーオフへに進み県大会出場を目指す。

連日猛暑が続いている中、午前10時40分には暑さ指数(WBGT)が28度になったため、日本サッカー協会から示されている熱中症対策ガイドラインに沿って、2試合目以降はクーリングブレイクをとることとした。

決勝トーナメント表のダウンロード↓

決勝トーナメントの様子

8月5日(三条市総合運動公園)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒


Comments are closed