【バドミントン】男子Aクラス複優勝は渡邊大稀・渡邊優稀ペア 協会杯大会

平成30年度協会杯争奪バドミントン大会

7月22日に三条バドミントン協会(橋崎則宗会長)主催の平成30年度協会杯争奪バドミントン大会が開催され、男子Aクラスダブルスで渡邊大稀・渡邊優稀(下田協会)の兄弟ペアが優勝した。

大会は三条市栄体育館で開催され、高校生から一般までの選手がシングルスに76名、ダブルスに63組・126名がエントリーして各クラスに分かれて、女子Aクラス複はリーグ戦で、他のクラスはトーナメント戦で優勝を争った。
協会杯は協会が主催する4大会の中で唯一、ミックスダブルス種目がある大会だが体育館が建築中の中、同日に2会場で実施をすると混合複に参加したくても出場できない選手もいたことから、今年は混合複だけの大会を6月に単独で開催した。

高校生の試合になるとコートの周りのチームメイトからは「イッポーン!」「ストップ!」「ドンマイ、ドンマイ!」などの応援が飛んでいた。
最高気温が32.7度(アメダス)となったこの日は体育館の中にも熱気がこもり、「熱中症になっても困るので」(渡辺良俊総務委員長)、バドミントンの試合では本来は開けない出入口のドアを途中から換気のため開けて試合を行った。

開会式では協会の表彰規定により平成29年度優秀団体賞として帝京長岡高校男子バドミントン部の表彰を行った。同校は第70回新潟県高等学校総合体育大会兼平成29年度全国高等学校総合体育大会新潟県予選会バドミントン競技大会兼平成29年度第1回国体候補選手選考会学校対抗戦で男子2位の成績を挙げたもの。

各クラス優勝者

各クラスの優勝者は以下の通り。

ダブルス

男子Aクラス複:渡邊大稀・渡邊優稀(下田協会)
男子Bクラス複:鈴木裕・坂爪諒大(立直クラブ)
男子Cクラス複:阿久津俊文・堀川泰樹(ウイング)
男子初心者クラス複:一条尊也・丸山峻佑(帝京長岡)
女子Aクラス複:山下さゆり・相場富美子(YOIショット)
女子Bクラス複:鈴木美紀・岩井悠里(RSC)
女子初心者クラス複:山田穂香・鳥羽彩乃(加茂高)

シングルス

男子Bクラス単:片所岬(帝京長岡)
男子Cクラス単:阿久津俊文(ウイング)
男子初心者クラス単:一条尊也(帝京長岡)
女子Bクラス単:松本向日葵(三条東)
女子初心者クラス単:梨本愛純(加茂高)

結果詳細・表彰者

各クラスの結果詳細と表彰者は以下の通り。

結果詳細のダウンロード↓

表彰者のダウンロード↓
※敬称略

協会杯バドミントン大会の様子

7月22日(三条市栄体育館)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒


Comments are closed