【野球】三条信用金庫がAクラス連覇 会長杯大会

平成30年度三条野球連盟会長杯大会

三条信用金庫は連盟の大会5連覇

三条野球連盟(髙坂登志郎会長)主催の会長杯大会Aクラス決勝が7月8日に行われ、三条信用金庫が優勝した。三条信用金庫は、8月19日に十日町市で行われる第63回中部日本都市対抗軟式野球中越大会に三条市代表で出場する。

会長杯大会は連盟に加盟する69チームが出場して、A、B、B2、Cの4クラスに分かれて優勝を争うもの。Aクラスは最上位のクラスで8チームがトーナメントで戦った。
8日は三条・燕総合グラウンドでAクラスの準決勝、決勝が行われ、準決勝を勝ち進んだBOSEと三条信用金庫との決勝戦となった。
BOSEは2回表、ランナー1・2塁の場面でレフト後方への打球がエンタイトルツーベースとなり1点をあげた。
後攻の三条信用金庫は1回裏にホームランで2点先制すると、4回には先頭打者が2塁打で出塁するとすかさず3盗、キャッチャー悪送球で追加点。3回、5回にもホームランが飛び出し試合を決めた。

会長杯大会Aクラス決勝
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
BOSE 0 1 0 0 0 0 0 1
三条信用金庫 2 0 2 1 1 0 × 6

最優秀選手は伊藤圭祐選手(三条信用金庫)、優秀選手は市川泰之選手(BOSE)。
三条信用金庫は昨年の会長杯大会でも優勝しており2連覇。また、昨年の連盟主催の3大会(市長杯・会長杯・市民体育祭大会)と今年度の市長杯・会長杯大会すべてで優勝しており5連覇を続けていることになる。

優勝した三条信用金庫は、8月19日に十日町市で行われる第63回中部日本都市対抗軟式野球中越大会に三条市代表で出場する。
準優勝のBOSEは、9月16日小千谷市で行われる第46回BSN旗争奪野球中越大会に三条市代表で出場する。
三条野球連盟のwebサイトへ⇒

決勝の様子

2018年7月8日(三条・燕総合グラウンド)


写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒


Comments are closed