【サッカー】「素晴らしい戦いを4試合やって、胸を張って帰ってきた」高徳選手帰国報告会

酒井高徳後援会総会・帰国報告会

急な開催決定にも会場は満杯

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で新潟県初のW杯出場選手となった日本代表DFの酒井高徳選手(ハンブルガーSV・三条市出身)の帰国報告会が7月6日に開催され、高徳選手は「グループリーグを突破するということに対してみんな気持ちがまっすぐ向いていた」と述べた。
高徳選手を応援する地元後援会、酒井高徳後援会(佐藤卓之会長)の総会が7月6日午後7時から、三条市厚生福祉会館2階第2集会室で会員約60名が出席して開催された。総会終了後に会場を三条市役所第二庁舎3階301会議室に移し、高徳選手本人が出席して帰国報告会が行われた。
当初、帰国報告会は日本代表が決勝トーナメントに進出したため本人の出席は難しい状況だったが、6日の昼頃本人から出席できるという連絡が入り急遽開催が決まった。急な開催決定にも関わらず250名ほどの後援会員や市民、高徳選手が小学生時代に在籍した三条サッカースポーツ少年団の後輩たちなどが集まり会場は満杯に。

本当に三条市の誇りだ

佐藤会長はあいさつで「三条市出身、新潟県出身の選手として初めてW杯に出場してくれて本当によかった。昨シーズンハンブルガーSVで2部に降格したが、1年間キャプテンとして活躍してくれた。また来シーズンも今度は1部昇格を目指して、チーム残留を早くに表明をして、監督と話しあって主力選手みんなにチームに残って来年頑張ろうぜと声を掛け実現をした話を聞いて鳥肌がたった。本当に高徳選手は三条市の誇りだ。」と讃えた。

胸を張って帰ろう

高徳選手は「素晴らしい戦いを4試合やって、胸を張ってみんなで帰ろうと帰ってきた。4年前には果たせなかった(W杯出場が)今回達成できてうれしい。」とあいさつ。

気持ちがまっすぐ向いていた

続いて、燕三条エフエム放送のパーソナリティ高野一美さんの司会でトークショーを行った。
3試合を振り返って思うところは?の質問に、「直前に監督が変わったり、親善試合で結果でなかったなどいろんな不安要素があるなかでスタートしたグループリーグだったので、逆に選手達は燃えていた」。初戦のコロンビア戦で相手選手が退場したことについては「気持ちとか選手達の雰囲気が起こすということが実際はあって、試合をやっていてそういうことを感じる。」とし、自身が出場したポーランド戦では「W杯は本当に総力戦で、でてない選手の準備もすごく大事。やれること、やらなきゃいけないことを選手たちが一所懸命やった。チームとしてグループリーグを突破するということに対してみんな気持ちがまっすぐ向いていた。本当に団結力が高まったグループリーグだった。」と振り返った。

代表引退

報道されている代表引退については、「ここで言ったら、みなさんの応援や励ましで気が変わってしまうからあまり言いたくないが」と前置きして「すごく走り抜けたなと思う前回大会からの4年だった。今後世界と戦える日本代表をつくるということを考えた時、自分がもう4年間残るより、いい選手がでてくる可能性の方が大きいと思ったので、ここかなと」と代表引退の理由を語った。これを受けて佐藤会長は「また所属チームで頑張って次の代表監督に、「高徳、日本代表に来てくれ」って言ってもらえるような活躍をチームでしてもらえたら、その時はまたぜひ代表で活躍して」と会場全員の気持ちを代弁した。

勇気をもって

質問タイムでは、大崎中の後輩から「大崎中が県大会に出場した。応援メッセージをお願いします」とのリクエストに、「新しい一歩、見たことがない景色で試合をするというのは怖い気持ちがでてきたりする。県大会というと強豪校がいて、萎縮してしまうかもしれないが、今回の日本代表は勇気をもって戦った、何一つとしてネガティブだったり不安を抱えたようなプレイはしなかった。そういう気持ちが選手全員を高めてくれる。悔いを残さず思い切り戦ってほしい。」とエールを贈った。
「ポーランド戦ではどんな気持ちを持ってピッチにはいりましたか?」の質問には、「出来ないことをやっても失敗するだけだと思ったので周りがどう言おうと、結果がどうなろうと自分ができる自分らしい選手としてのパフォーマンスを意識した。変わった6人は誰一人としてサブだからという気持ちじゃなく、ラウンド突破した時にはオレがでるんだという気持ちを全員がみせた。」と答えた。
「ベスト8にはなれなかったけど、頑張っているところを見れたのでよかったです」と感想のような質問に会場からは大きな拍手が起こった。

お楽しみ抽選会では、後援会のオリジナルTシャツやタオルマフラーなどが抽選で当たり、その場でサインをしてもらってプレゼント。高徳選手が全員とジャンケンをしてサイン入り色紙のプレゼントも行った。
最後に行ったサイン会と記念撮影には長蛇の列ができていた。

帰国報告会の様子

2018年7月6日(三条市役所第二庁舎3階301会議室)

後援会総会の様子

2018年7月6日(三条市厚生福祉会館2階第2集会室)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒


Comments are closed