【サッカー】優勝はヌドゥグラティアン パール金属カップ

第3回パール金属カップ県央地区少年サッカー大会

優勝はヌドゥグラティアン 準優勝は加茂FCJ

6月30日・7月1日、第3回パール金属カップ県央地区少年サッカー大会が開催され、Noedegrati Sanjo FC un(ヌドゥグラティアン)が優勝。準優勝は加茂フットボールクラブジュニア(加茂FCJ)。

三条市サッカー協会(杉井旬会長)主催の第3回パール金属カップ県央地区少年サッカー大会が6月30日・7月1日、三条市総合運動公園多目的広場(三条市月岡)で開催された。U-11(小学5年生以下)8人制の大会には三条市・燕市・加茂市・見附市から14チーム、199名の選手が参加し優勝を争った。

30日は3〜4チームが4グループに分かれて予選リーグを行い、各グループの上位2チームが1日の決勝トーナメント(決勝T)へ。1日は決勝Tとフレンドリーマッチを実施した。
決勝トーナメントでは、ヌドゥグラティアンが1回戦でFC,ACTISを6-0、準決勝で栄サザンクロスを6-0で降し決勝へ。加茂FCJは1回戦でNoedegrati Sanjo FC deuxを2-2(PK戦2-1)、準決勝で吉田サッカークラブを2-0で破り決勝へ。
決勝戦ではヌドゥグラティアンが加茂FCJに7-0で圧勝し優勝。大会MVPには田巻光稀選手(ヌドゥグラティアン)が選ばれた。
また、大会上位の4チーム(ヌドゥグラティアン、加茂FCJ、栄サザン、吉田SC)には新津カップU11のシード権が与えられる。

最高気温が30日が32.2度、1日は33.2度(アメダス)の真夏日となり、熱中症を防ぐために、前・後半に1回ずつ給水タイムを取り水分補給をしながらの試合となった。
ベンチや応援席からは「シュートで終われ〜!」「簡単に〜!」「ねばれ〜!」「負けるな〜!」「頑張れー!」などと声援が飛んでいた。

6月30日予選リーグの結果


予選リーグ結果のダウンロード↓

7月1日決勝トーナメントの結果


決勝トーナメント結果のダウンロード↓

大会の様子

2018年6月30日(三条市総合運動公園多目的広場)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒

Comments are closed