【ミニバス】県大会出場6チーム決まる 東北電力旗県央地区予選

平成30年度燕市ミニバス少年団春季大会

東北電力旗第11回県央地区ミニバスケットボール予選大会

平成30年度燕市ミニバス少年団春季大会兼東北電力旗第11回県央地区ミニバスケットボール予選大会(燕市ミニバスケットボールスポーツ少年団主催)が6月9日・10日、燕市市民体育センターで開催され、県大会出場チームが決まった。

大会には県央地区の男子11チーム、女子13チームが参加。トーナメント戦を行い上位4チームを決定後、ベスト4同士のリーグ戦で優勝を争った。
リーグ戦には、男子はルーキーズ三条、槻の森ユナイターズ、BADBOY’S、見附ブレイブアローズ、女子はルーキーズ三条、三条OHSAKIDS、分水ブンバー、下田ミラクルラビッツが進出。

優勝は男女とも、ルーキーズ三条

男子はルーキーズ三条が3戦全勝で優勝。準優勝は見附ブレイブアローズ、3位はBADBOY’S。
女子もルーキーズ三条が3戦全勝で優勝。準優勝は下田ミラクルラビッツ、3位は三条OHSAKIDS。
1位〜3位までのチームが県大会に出場する。

表彰

男子の最優秀選手賞は高橋悠大(ルーキーズ三条)、優秀選手賞は荒木大翔(見附ブレイブアローズ)、フェアプレー賞は力石颯斗(BADBOY’S)。
女子の最優秀選手賞は浅野稟乃(ルーキーズ三条)、優秀選手賞は藤家愛菜(下田ミラクルラビッツ)、フェアプレー賞は小黒早葵(三条OHSAKIDS)。(※敬称略)

県大会は県内各地区から男女各16チームが参加して7月15日・16日に燕市体育センター、燕市分水総合体育館で開催される。

大会の結果


大会結果のダウンロード↓

大会の様子

2018年6月9日(燕市市民体育センター)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒

Comments are closed