【野球】シーズン開幕 総合グラウンド杯

第47回総合グラウンド杯争奪選抜野球大会

三条信用金庫、共和工業(株)が決勝へ

4月1日、野球シーズンの幕開けとなる第47回総合グラウンド杯争奪選抜野球大会が行われ、三条信用金庫と共和工業(株)が決勝へ駒を進めた。
大会は4月1日と7日、三条・燕総合グラウンド野球場第3・第4コートにおいて三条市、燕市の野球連盟から推薦された4チームづつ、8チームが出場して優勝を争うもの。
4月1日午前9時から行われた開会式で、主催の新潟県三条・燕総合グラウンド施設組合管理者國定勇人三条市長が「日頃の練習の成果をいかんなく発揮し、精一杯戦い抜いて一番の頂に向かって活躍をいただきたい」とあいさつ。
9時半から一回戦4試合、準決勝2試合が行われ、三条信用金庫と共和工業(株)が決勝へ駒を進めた。
4月7日午前10時から決勝と3位決定戦が行われる。

一回戦の結果
三条信用金庫 6 0 燕フェニックス
(株)三條機械製作所 2 0 吉田クラブ
My Style 1 3 弥彦クラブ
共和工業(株) 3 2 分水クラブ
準決勝の結果
三条信用金庫 3 1 (株)三條機械製作所
弥彦クラブ 0 7 共和工業(株)

詳しくは三条野球連盟のwebサイトへ⇒

大会の様子

4月1日(三条・燕総合グラウンド)
三条信用金庫-燕フェニックス戦

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒

Comments are closed