【フットサル】Noedegrati、吉田SCが県大会へ バーモントカップ

バーモントカップ第28回全日本少年フットサル大会新潟県大会

中越地区県央ブロック予選

1位はNoedegrati Sanjo FC、2位は吉田サッカークラブ

2月11日、12日にバーモントカップ県央ブロック予選が行われ、Noedegrati Sanjo FCと吉田サッカークラブ(吉田SC)が1位、2位となり県大会出場を決めました。
バーモントカップは小学5年生以下の子供たちを対象にしたフットサルの大会。県大会出場を目指して県内各地で予選が行われる中、県央ブロックでは11日、12日に燕市吉田体育館などで三条市、燕市、加茂市、見附市、田上町、弥彦村から16チームが出場して予選リーグ、決勝トーナメントを実施しました。

予選リーグ

2月11日の予選リーグは、4チームずつ4ブロックに分かれての総当たりで戦い、各ブロックの上位2チームが決勝トーナメントに進むもの。
結果は、Noedegrati、Jドリーム三条、FC今町、三条サッカースポーツ少年団(三条SSS)、吉田SC、レアル加茂FCスポーツ少年団、見附FC U-12、グランディールFC三条の8チームが決勝トーナメントへ進出。

予選リーグの結果


予選リーグ結果のダウンロード↓

決勝トーナメント

決勝トーナメントは12日に吉田体育館で実施。展開の早いフットサルは数秒あれば得点が生まれます。三条SSSと見附FCが戦った1回戦は、先行した見附FCが後半終了間際に逆転されるも残り12秒で追いつきPK戦で勝利するなど、白熱の戦いが繰り広げられました。
決勝戦は1回戦でレアル加茂、準決勝で見附FCを破ったNoedegratiと、1回戦でJドリーム三条、準決勝でFC今町に勝利した吉田SCの戦いとなり、Noedegratiが6-1で優勝を決めました。
Noedegratiと吉田SCは3月3日・4日、上越市柿崎総合体育館(柿崎ドーム)で行われる県大会に出場し、8月に東京・駒沢体育館で行われるJFAバーモントカップ第28回全日本U-12フットサル選手権大会出場を目指して戦います。

決勝トーナメントの結果


決勝トーナメント結果のダウンロード↓

県央ブロック予選の様子

2月11日(三条市栄北小体育館)

2月12日(燕市吉田体育館)

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒

Comments are closed