【陸上】五輪・世陸メダリストの飯塚選手らトップアスリート7人が燕で合宿

ミズノトラッククラブ(MTC)が燕合宿

全員が世界陸上日本代表経験者。
3人はリオ五輪にも。

8月に行われた世界陸上で銅メダル、2016年のリオ五輪では銀メダルを獲得した話題の4×100mリレーチームメンバーの飯塚翔太や、6月に行われた日本選手権で100m・200mの2冠に輝いた市川華菜などのトップアスリート7名が、8月19日〜24日まで来燕、三条・燕総合グラウンド陸上競技場で合宿を行います。8月22日には小・中学生への講習会も開催されます。
合宿を行うのは、全選手が世界陸上日本代表経験者というトップアスリート9名が所属する美津濃株式会社(ミズノ)の陸上クラブチーム「ミズノトラッククラブ」。合宿には、飯塚翔太、市川華菜、川面聡大、和田麻希(100m・200m)、菅井洋平(走幅跳び)、野澤啓佑、松下祐樹(400mH)の7名が参加。飯塚、野澤、松下はリオデジャネイロ五輪にも出場しています。
合宿期間中には、鈴木力燕市長を表敬訪問するほか、燕製のカトラリーを使ってもらうモニター調査も実施。
8月22日には燕市内の小・中学生を対象に陸上講習会「ミズノビクトリークリニック」が行なわれます。
練習の見学は、所定のスペースからであれば誰でも自由に見学できます。

練習時間(予定)

8月19日 16:00〜20:30
8月20日 15:30〜20:30
8月21日 10:00〜13:00、15:30〜17:30
8月22日 陸上講習会開催のため練習は休み
8月23日 09:30〜13:00
8月24日 09:30〜13:00
会場:三条・燕総合グラウンド陸上競技場
※敬称略

Comments are closed