【カヌー】當銘選手(三条体協) 2位に13秒差で優勝!

第38回北信越国体カヌー競技

當銘・佐伯選手(三条体協)が優勝!えひめ国体出場へ!


7月16日に福井県あわら市北潟湖特設コースで行われた第38回北信越国体カヌースプリント競技で、當銘孝仁(とうめたかのり)選手((一社)三条市体育協会)が成年男子C-1(カナディアンシングル)500mで2位に13秒差で圧勝、10月に開催されるえひめ国体出場を決めました。

 

分水高勢も活躍!

高橋(大正大)、高橋・川俣・河村(分水高)もえひめ国体出場決定!

同大会では分水高OBの高橋駿哉選手(大正大学3年)が成年男子K-1(カヤックシングル)500mで3位となり国体出場へ。
また少年の部では、高橋帝雅(たいが)選手(分水高校3年)が少年男子K-1(カヤックシングル)500mで優勝、河村翔馬選手(分水高校3年)が少年男子C-1(カナディアンシングル)500mで2位に、川俣萌華(もえか)選手(分水高校3年)が少年女子K-1(カヤックシングル)500mで2位となりそれぞれ国体出場を決めました。

佐伯選手(三条体協)優勝!


4月30日に福井県九頭竜川で開催された第38回北信越国体カヌースラローム競技では、男子K-1(カヤックシングル)で佐伯雄太郎(さえきゆうたろう)選手((一社)三条市体育協会)が「親知らずを抜いて、歯が痛い」といいながら盤石のレースで優勝!9月に開催されるえひめ国体出場を決めています。

えひめ国体

えひめ国体のカヌー競技は、カヌースラローム競技が9月9日〜12日に寺家カヌー競技場(愛媛県長岡郡本山町寺家)で、カヌースプリント競技が10月1日〜4日に鹿野川特設カヌー競技場(愛媛県大洲市肱川町山鳥坂)で行なわれます。

第38回北信越国体カヌースプリント競技結果(外部リンクへ)
第38回北信越国体カヌースラローム競技結果(外部リンクへ)

Comments are closed