【MiiiKe】7代目「日本一」は小林ひかるさん・優美子さん

MiiiKe参上!!第7回全国大会

優勝は、小林ひかるさん・小林優美子さん

MiiiKe(みいっけ=鬼)から逃げながら、隠れながら、14のミッションをクリアしながら三条市の中心市街地でかくれんぼをする、「MiiiKe参上!!第7回全国大会」が7月17日に三条市の主催で行われ、64組128名が参加。小林ひかるさん・小林優美子さんが210点で優勝!「日本一」となりました。
午前9時20分過ぎからスタート&ゴールとなる中央公民館で始まった開会式で、三条市スポーツ振興室長の永井努さんは「いつもと違う目線で街の中を歩いて、普段見ないような街の中にいろんな発見して楽しんで、地域の人にあったら挨拶をしていただいたり、いろんな出会いに感謝をして取り組んでいただきたい。」と挨拶。続いてスポーツ推進委員の矢島一憲さんがミッションを説明。午前9時45分に90分間のかくれんぼがスタートしました。
今回は古城町通り、中央商店街、市道新保裏館線、JR弥彦線高架橋側道に囲まれた東西約700メートル南北約400メートルがエリア。
エリア内には14のミッションが設置してあり、そのうち2つは、クリアしないと全ての得点が0点になってしまう必須のミッション。
必須ミッションの1つは、向かいのお店(龍昇園さん)の置物の2匹の豚の関係は(1)夫婦(2)無関係(3)親友のどれか?(どれでも正解)。もう1つの必須ミッションは、焼肉さんきらくさんでカルビ2つと赤・白1つづつ頼んだらいくらですか?(正解は1760円)。といった地域の人気店に関する問題や、北三条駅の郵便ポストの収集時刻は?(正解は8時と11時半)、歴史民俗産業資料館の常設展示の人数は?(正解は3人)などいろいろ。いずれも答えはエリア内をよく探索すると見つかるものばかり。三条の歴史や文化を学ぶことができるようにスポーツ推進委員協議会が知恵を絞って用意したもの。

必死のオニたち

挑戦者たちから5分程遅れてスタートした5匹(人?)のMiiiKe(みいっけ=鬼)は真剣に挑戦者を探し、見つけると拡声器でビブ番号をコール。見つかった人たちはビブを脱いで戦線離脱、復活所へと向かいます。参加者は、「どきどきする」と、鬼に見つからないように周りを見回しながら建物や電柱の陰を進んだり、番号が見えないように横になりながらカニ歩きをしたり。拡声器の声が聞こえると一目散に逃げたり、鬼の様子をじっくり観察して見定める子も。
2ヶ所の復活所では、サッカーゲームで復活したり、別の参加者から救助してもらったりすることもできます。
ゴール時間の11時15分を過ぎると参加者は続々とゴールしました。

7代目の「日本一」

7代目の「日本一」(優勝)は小林ひかるさん・小林優美子さん、準優勝は岸寧流さん・山田理恵さんでした。(1位から6位の入賞者は別表の通り。)
また、昨年に続いて龍昇園さんから、てぬぐい、カレーラーメンの賞品提供があり、順位賞として10位、20位、30位、40位、50位、59位(ブービー賞)、の方々に贈られました。

MiiiKe参上!!第7回全国大会入賞者
順位 お名前
優勝 小林ひかる・小林優美子
準優勝 岸 寧流・山田理恵
3位 山嵜美紅・山嵜浩美
4位 細島弘煕・細島康征
5位 山嵜美羽・山嵜哲弥
6位 斉藤心星・斉藤 巧
(敬称略)

第6回大会(2016年)アルバムのページへ⇒

写真等の掲載について⇒
プライバシーポリシーのページへ⇒

Comments are closed