【陸上】伝統の大会「三条リレーカーニバル」 5月14日開催

第44回三条リレーカーニバル


三条市陸上競技協会(藤田五郎会長)では、5月14日に三条・燕総合グラウンド陸上競技場において第44回三条リレーカーニバルを開催します。
新潟市から湯沢まで、小学生・中学生・高校生・一般の534名がエントリー。トラック競技36種目、跳躍競技10種目、投擲競技4種目が行われます。
大会は1973年に第1回が開催され、今回で44回目となる伝統のある大会です。冬期の基礎練習の成果を試す大会として位置づけられ、中学生にとっては通信陸上競技大会の標準記録の突破を目指す大会となります。
883名がエントリーした前回からは大幅な減少となります。これは昨年、長岡市営競技場が改修中の影響で長岡市方面からの参加が多くあったものが今年はなくなったため。

競技種目は小学生(4年・5年・6年)が100メートル、1500メートル(男子)、800メートル(女子)、4×100メートルリレー、走幅跳。
中学生は100メートル、200メートル(女子)、400メートル(男子)、800メートル(女子)、1500メートル、3000メートル(男子)、110メートルハードル(男子)、100メートルハードル(女子)、4×100メートルリレー、走幅跳、走高跳、砲丸投。
一般・高校生は100メートル、400メートル、1500メートル、3000メートル(女子)、5000メートル(男子)、4×100メートルリレー(女子)、4×400メートルリレー(男子)、走幅跳、走高跳、砲丸投。
午前9時に競技開始、競技終了は午後4時頃を予定。雨天決行。

タイムテーブルはアスリートランキングを参照⇒
三条市陸上競技協会のwebサイトはこちら⇒

Comments are closed