【市民スポーツ教室】新しいスポーツに挑戦 ジュニアラクロス

平成29年度三条市民スポーツ教室

ジュニアラクロス参加者募集

平成29年度の三条市民スポーツ教室に新しいスポーツ種目「ジュニアラクロス」が加わり、参加者を募集しています。「ラクロス」はあまりなじみのないスポーツですが、三代目J Soul Brothersの岩田剛典さんがU-19日本代表だったということで、注目をされているスポーツでもあります。
指導をするのは、2015年7月から地域おこし協力隊として下田を拠点に活動をしている大滝雄斗さん(27歳)。大滝さんは大学時代にラクロスを始め、現在も競技を続けています。

ラクロスは、クロスと呼ばれる先端に網の付いたスティックでボールを扱い、パスを投げたりしながらゴールを狙うスポーツです。簡単に言うと「アイスホッケーのボールを空中で扱うスポーツ」(大滝さん)。男子と女子では1チームの人数もルールも違います。実際の競技はアメリカンフットボールやアイスホッケーに似たスポーツで激しいスポーツですが、もちろんスポーツ教室で行う「ジュニアラクロス」は、子どもでも楽しめるように安全に配慮して楽しくできるようにしてあります。

すごく楽しかった

以前行った体験会の時には、珍しい競技なので子供達がよろこんで参加して、「すごく楽しかった!」という声もありました。
教室では、クロスを使ったキャッチボールやシュート練習を行い、最終的にはミニゲームを楽しめる位までになりたいと話しています。小学3年生位になると他のスポーツを始める子もいますが、そんな子供にもぜひ参加してほしいとしています。いろんなスポーツを体験することで、別の視点からその競技を見ることができるようになり、視野を広げるというのにはいいことではないか、と大滝さんは感じています。

マイナースポーツだから上を目指しやすい!

また、小さい時にラクロスに触れておくだけで、高校や大学で再開することがあれば、体が覚えていて有利になる、「マイナースポーツだから上を目指しやすい!」、日本代表選手を目指すことや世界大会出場も夢ではない、と話しています。
クロスなど必要な道具は教室で用意するので、運動できる服装とうち履きを準備すれば参加できます。
申し込みは電話またはメールでの受付となります。詳しくはりんぐるまで電話で問い合わせるか、webサイトでも確認できます。
市民スポーツ教室はりんぐるが三条市から委託を受けて運営しているもので、ジュニアラクロスの他にジュニアバドミントン、ジュニア陸上、ジュニアバレーボール、ジュニア柔道、ジュニアランニング、幼児運動あそび、運動あそびがあります。

ジュニアラクロス

1期:5月〜7月 6回(5月11日開講)
2期:10月〜12月 6回(10月16日開講)
時間:午後7時〜8時半
会場:ウエルネスしただ(1期)
大面体育館(2期)
定員:各期15名
対象:小学3〜6年生
参加費:各期2,000円(スポーツ安全保険料別途)

スポーツを気軽に楽しむ「レクリエーションスポーツ」の場を提供
三条市総合型地域スポーツクラブりんぐる
事務局:三条市島田2-18-43(旧第一中学校)電話0256-32-5210
受け付け曜日・時間/月曜〜金曜 AM9:00〜PM5:00
りんぐるのwebサイトへ⇒

Comments are closed