【都道府県対抗男子駅伝】新潟県初の8位入賞を祝う会 〔三条市選手 岸本・倉田(三高)・丸山(下田中)〕

三条市陸上競技協会

新春懇話会・祝う会

1月22日に広島県で開催された天皇盃第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会で新潟県チームは、過去最高の8位入賞の快挙を成し遂げました。新潟県チームには三条市から3人がメンバー入り。2区を丸山真孝選手(下田中3年)、5区を岸本大紀選手(三条高1年)が力走。倉田健太選手(三条高2年)はサポートメンバーとしてチームを支えました。
三条市陸上競技協会では例年この時期に開催している新春懇話会で3選手を招き、祝う会を開催します。新春懇話会は2月3日(金)午後7時から、会場は四季の宴千翔(三条市西鱈田)。

Comments are closed