【元旦マラソン】小雨の中、勢い良くスタート!

第12回三条市元旦マラソン大会


1972年に第1回大会が開催されてから46回目、合併後12回目の開催となる「第12回三条市元旦マラソン大会」が本日・元旦に開催されました。参加者数は1,748名と昨年の1,797名よりも僅かに少なく、記録更新とはなりませんでした。

原点に還ってきた

競技に先立って開会式が三条市厚生福祉会館で行われ、國定勇人三条市長は昨年三条市総合体育館が閉館になったことに触れて「昭和46年に始まった元旦マラソンは厚生会館がスタート。原点に還ってきた」と挨拶、自身も3kmコースを走ることから「みんな一緒にガンバロー!」とエール。
午前9時に3km(高校生以上)、3世代で3キロを一緒に走ろう!(3世代の部)、みんなで3キロを走り抜けよう!(団体の部)がスタート。その後順次、種目・区分ごとにスタートをしました。

ゲストランナー市河さんも応援

今回初めてゲストランナーとして招かれた市河麻由美さんはセビリア世界陸上マラソン団体金メダリスト。市河さんは小・中学生と一緒に3kmを走った後、10kmを走りました。走り終えた後には参加者に声を掛け最後まで応援をしていました。

当日エントリーは363名

事前申し込みは過去最高の1601名となり、参加者数の記録更新が期待されましたが、あいにくの小雨のためか多数のキャンセルがでました。オープン参加者が363名で最終的に参加者数は1,748名にとどまり、記録更新とはなりませんでした。

大会結果

大会の入賞者(1位〜3位)は以下の通りです。

大会の結果のダウンロード↓

WTG越後雪獅子歳に招待

3km、5km、10kmコースのそれぞれの区分の優勝者は、2月11日(土)・12日(日)にスノーピーク(三条市中野原地内)で開催されるWINTER TRAIL GAMES越後雪獅子祭のスノーシューレース・スノーランレースに招待されます。

三条市元旦マラソンのアルバムのページへ⇒

Comments are closed