【テニスの日】テニス祭りでメロンをゲット! 

9月23日は「テニスの日」

img_7481_02
新潟県三条市の三条テニス協会では9月22日に『テニスの日』イベント「テニス祭り」を行いました。少し雨の心配が残る曇り空の下、会場の三条・燕総合グラウンドテニスコートには、約80名程のテニス愛好者や小・中学生、未就学の子供たちが集まり、テニスレッスンやイベントを楽しみました。
テニスレッスンは、初心者、中級者、キッズに分かれ、普段からテニス指導を行っている協会の指導者が親切に優しく指導。ラケットを持つのが全く初めての未就学の子供たちは、まずラケットとボールの扱いになれるところからスタート。身長に合わせた短い子供用のラケットと柔らかいスポンジボールを使い、父母も一緒になって4〜5人位の輪になり、ラケットに乗せたボールを隣の人に順番に渡していく練習です。少し慣れたところで、だんだんとボールを打つ練習に移っていきました。
人気イベントの一つ、「的当てゲーム」は1回100円の有料ですが、メロンやぶどう、梨が景品とあって多くの人がチャレンジ。反対のコートに置かれた6つの的をサーブを5球打って狙うゲームです。子供は少し前にでて一度バウンドさせたボールを打って的を狙いました。メロンの的はダブルスコートの隅に置かれているので、ゲーム中にサーブで狙うことはない場所。それでもメロン狙いでしっかりと決める人もいました。小学生でメロンをゲットする子や、3回チャレンジして景品3個をもらっていく主婦もいました。
サーブを打ったボールの初速をスピードガンで測ってその速度を競う「スピードガンコンテスト」では、男子の優勝スピードが167km。女子が111km、小学生(4〜6年)が100km、小学生(1〜3年)が73kmでした。
2人1組でボレー続ける「百万人ボレーボレー」は全国で行う共通イベント。今年初めてのイベントです。ルールは各会場で違いますが、三条テニス協会のルールは、空気圧を少し減らしたレッドボールを使い、1分または2分ボレーを続けらるかを競うもの。成功したペアは表彰となります。
テニスの教養と知識を試す「テニスクイズ」は全5問。その中から1問を紹介します。
問4.世界で活躍する「錦織圭」の姓の読み方で正しいものはどれでしょう。
a.にしきおり b.にしこり c.にしこおり

『テニスの日』は、テニスの楽しさ、おもしろさを多くの人たちに広めようと、秋分の日の9月23日に制定されたものですが、今年はうるう年のため多くのイベントが9月22日の実施となりました。全国的に開催していますが、新潟県内では新潟市と三条市だけの開催です。

「テニスの日」アルバムのページへ⇒
三条テニス協会のブログサイトへ⇒

Comments are closed