トリムの森で心地よい汗!

チャレンジウォーク’16

IMG_0774IMG_0818
新潟県三条市月岡、槻の森運動公園内のトリムの森をクイズとゲームをしながら楽しみながら歩く「チャレンジウォーク’16」が本日6月12日開催されました。
主催は三条市、主管は三条市スポーツ推進委員協議会。
ファミリーや親子連れ、子供達などの約40名が、2~5人のグループに分かれて参加。芝生広場のトイレ近くに設置した簡易テントに集合。このテントがスタート&ゴール。三条市スポーツ振興室の永井室長さんが開会の挨拶、三条市スポーツ推進委員の矢島さんからチャレンジウォークのやり方、注意を聞いた後に午前9時20分頃スタート。・・つづく・・


快晴の空が広がる天気でしたが、前夜の雨と日中には30度近くまで上がった気温で梅雨入りをおもわせるムシムシとした感じ。子供達は勢い良く走り出し、一緒のお父さんお母さん達はゆっくりと歩き出しスタート。20問のクイズを解きながら進みます。途中には、トリムの森の遊具や地形を生かした手作りの8つのゲームがあります。
アルバムのページへ⇒
クイズの一つ、クイズ5は「ゼロを10個つけている車は?」の難問?
ゲームの一つ「ループ・ザ・ループスペシャル」はくるくる巻いたりジグザグになった半透明のホースの中をビー玉をスタートポイントから入れてホースがくくりつけられている台をいろいろ動かしてゴールの缶まで導いていくゲーム。進めたい方向と反対の方を持ち上げてビー玉をコントロールしようとしますが、なかなか子供達だけではうまくいかず、母親が加わって右右、左、上げて、下げてと指示をだし無事ビー玉は缶の中へゴールイン。
クイズは正解すると10点で全問正解すると200点。ゲームはゲームごとに点数が異なっていて「にんじゃりばんばん」「ガラガラパッカーン」は最高50点、他のゲームは最高40点。クイズとゲームの合計点を各グループ毎に競う仕組み。早くゴールしても得点が低いと上位にはなれません。
みんなが楽しみながら次のクイズやゲームへと進んでいきますが、トリムの森は小高い丘。丘というより山!全てまわるとかなりの運動量。普段運動不足のお父さんお母さんには筋肉痛が心配なイベントです。でも森の中は木陰で日差しが適度に遮られるのと、木々の間を抜ける風が心地よく、気持ちの良い汗をかいていました。
アルバムのページへ⇒

Comments are closed