総合グラウンド杯野球大会は三條機械が優勝!

grounhai20160402
第45回総合グラウンド杯争奪野球大会が4月2日、3日の2日間、三条・燕総合グラウンドで開催されました。一気に初夏の陽気となった2日は最高のスポーツ日和で、三条・燕総合グラウンドでも野球の他にソフトテニスの大会と中学生・高校生の陸上競技練習が行われていました。
総合グラウンド杯野球大会は4月2日は1回戦4試合と準決勝2試合、4月3日は決勝と3位決定戦が行われました。接戦が多く、タイブレークにもつれ込んだ試合も3試合ありました。決勝戦は(株)三條機械製作所と燕フェニックスの対戦となり、7回までお互いに無失点の展開となりタイブレークの末、(株)三條機械製作所が優勝しました。
準優勝は燕フェニックス、3位は共和工業(株)。
最優秀選手は(株)三條機械製作所の石田貴行投手、優秀選手は燕フェニックスの本宮大資選手が選出されました。
詳しい結果は三条野球連盟のwebサイトへ⇒


Comments are closed